ヘッダー画像

プロフィール

nanpou1616

Author:nanpou1616
府中市で27年間、自家焙煎珈琲豆店をやってます。

美味しいコーヒー豆は、良い生豆の選択・適切な焙煎・そしてそれを新鮮なうちに販売するという3つの事が、とても大事です。更にその3つが全て揃っていないと本当に美味しいコーヒー豆は販売出来ません。

当店では、直火5Kの焙煎器で、一釜・一釜丁寧に焙煎したものを、新鮮なうちに販売しております。

又、コーヒー教室・カフェ講座・豆屋の開店指導も随時行っております。

住所:〒183-0055
   東京都府中市府中町2-20-13 
   遠藤ビル1階
TEL&FAX:042-335-5292

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カテゴリ

    
            

昨日の夜はカフェ講座2日目をやりました。

2018/06/10
category - コーヒー
                         

ブログ村ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックして下さると嬉しいです。


毎日天候は怪しくなって来ています。明日、月曜日は、いよいよ本番で台風の襲来です。蒙古軍が攻めてきている訳では無いのですから、台風など来なくとも良いのにと思うのですが、来るものは否応なしにやって来ます。


昨日の夜は、カフェ講座の2日目を吉祥寺店でやりました。今回は参加者2名様ですが、昨日は一日だけのお客様が1人加わり、3人様でやりました。ただ、失礼だったのは、うちのスタッフが、お申込みの内容を、明日のコーヒー教室と間違えてしまい、こちらは、全く準備が整は無いままの開始となり、お客様にはご迷惑をお掛けしました。


昨日の内容は、自分の店を作るにははという事で、立地の選定、資金の借入、実際の売り上げ等についてやり、後半は焙煎、焙煎機、生豆についての話を致しました。ちょっと内容が多すぎた様で、駆け足になってしまい、上手くお話し出来なかった様な気もしましたが、取り敢えずは無事終了致しました。


IMG_3264.jpg
先週の金曜日に中板橋の杉綾コーヒー豆店に、Oさん、Kさんと一緒に伺った時の写真です。
皆、カフェ講座⇒開店指導と進んでくれた受講生です。


終了後、参加者の一人のIさんから、開店指導を受けたいというお話しを頂き嬉しい気持ちで、カフェ講座2日目を終えました。


今日は吉祥寺のコーヒー教室の2回目を、吉祥寺店閉店後に行います。参加者8名様ですので、結構満席に近いですが、定員10様ですので、まだお申込みは可能です。吉祥寺店。は電話がありませんので、府中店にお電話して頂ければ大丈夫です。


府中店の電番号は042-335-5292となります。


来週の土曜日は、カフェ講座3日目、実際の店舗探しの実例、借入金の実例をお話ししながら、現実的なお店の作り方に迫って行きたいと思っています。開店指導のお話しもさせて頂きます。興味のある方は、こちらも府中店の電話、Eメール、又は南方郵便機のホームページからお申込み下さい。お待ちしております。
                                 
                                      
            

北海道のIさんから電話がありました。

2018/06/08
category - コーヒー
                         

にほんブログ村
ブログ村ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックして下さると嬉しいです。


明日までは天気はもつのかもしれませんが、日曜日から3日間は雨が降りそうで、大雨の予報も出ています。


昨日は吉祥寺店に府中市のIさんがお見えになりました。Iさんは府中市の白糸台で雑貨屋さんを始めるというお話で、そこにテイクアウト専門のコーヒー店を付けたいという事で、この間からご相談にみえています。先週の吉祥寺店のコーヒー教室にもご主人とお二人で参加してくれました。


店名は<ガゼッポ>です。6月末の開店を目指していらっしゃいます。カエルが好きで、カエルの玩具や、雑貨を沢山置きたいという事で、その他、アジアの雑貨を販売するそうです。


テイクアウトのコーヒーの豆はうちの物を使うので、美味しいコーヒーが提供できるのではないかと思います。コーヒーはペーパーの一杯取りです。


開店が近づきましたら、又、詳しく書かせて頂きます。


一昨日の夜は、先日からお話のあった北海道のSさんから電話がありました。前回の電話の時に、ちょっと以前と比べ、弱気になっておられたので、心配していましたが、問題をいろいろ解決された様で、今回の電話ではとても嬉しそうでした。


現在、お仕事で北海道住んでおられますが、ご自分の故郷の盛岡でやりたいというお話でご相談にみえたのですが、そこから、お話は進み、奥さんの故郷である、札幌で開店したいというお話でした。私としては、とてもいろいろな事が上手く解決出来ているという印象をうけました。


計画は、計画ですので、いろいろ変更があるのが当たり前です。大事な事は豆屋をやって生きて行くという事ですので、それ以外の事は、出来るだけ皆が大変な思いをしないでやっていける方法を選ぶのがベストです。今回はそれが上手く行っている様に思えます。


早ければ9月に開店出来ればというお話ですので、何とか間に合えばと思います。札幌に南方郵便機の開店指導店が出来れば私としてはとても嬉しい話です。


IMG_2052.jpg
奈良のにしかぜ珈琲豆店。ここの様に上手く行ってくれれば良いですが。
                                 
                                      
            

甘い豆はあるの。

2018/06/06
category - コーヒー
                         

にほんブログ村
ブログ村ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックして下さると嬉しいです。


今日は久方振りの雨です。まだ降っていませんがこれから降って来るのだと思います。今日は一日家に居て仕事をします。


IMG_1829.jpg
中板橋 杉綾珈琲豆店の富士ローヤル直火1Kの焙煎機。1K釜でも立派に焙煎出来ます。


朝、5月に開店した東十条駅下の<ひとつぶ珈琲>のYさんに電話しました。伺いたいと思っているのですが、忙しいのと、疲れているのでなかなか伺えません。仕方がないので今日も電話でいろいろお話しました。


売れていないのは開店したばかりの店は何処でも同じなので、聞いてみても仕方が無いのですが、焙煎した豆の味については時間が経てば自然に良くなる訳ではないので、その辺りはよくお話を聞くことにしています。


Yさんの話も他の方と殆ど同じで、特にマンデリンのフレンチ等に甘みが出ないというお話です。これは、殆どの方が、そうした実感を持つ様なので、その辺りについてお話しました。


『基本的に甘いコーヒー等無いよ。良い豆を選び、焙煎が上手く行き、それが、適度な時間を経て、抽出がきちんと出来た時に、結果として甘くなるのだよ。つまり、甘く焙煎する方法など無いし、最初から甘い豆なども無いよ。』


という話をさせて貰いました。開店指導を受けた殆どの方は、当然、それまでに、うちの豆を良く飲んでいる訳ですから、自分で店を作り、自分の焙煎機で焙煎しはじめると、どうも南方郵便機の豆と違うという実感を持つ方が最初は多いです。


それは当然なので、そこからがその人の仕事です。それは、教えたくとも教える事は出来ないし、又、それぞれに考え工夫しながら自分なりの豆を焙煎して行くのが豆屋です。


1461290699434.jpg
府中店の直火5Kの焙煎機。もう30年も頑張ってくれています。


そこが、電気の焙煎機や、焙煎コンパスで焙煎する豆屋と違う所で、そこが、職人としての腕の見せどころです。そうで無ければ焙煎などという仕事は一つも面白くありません。ただ、うちの開店指導では、開店した時に困らない味にはなっているはずです。


だから、そのままでもお客様は美味しいと言って下さる方が多いとは思いますが、まだ、そこは始まりの時点です。そこから、自分のお釜で自分の焙煎が出来るまでに、おびただしい努力と時間が必要とされるという事は言うを待ちません。


それが豆屋を始めるという事です。

                                 
                                      
            

セールは終わり、初夏のカフェ講座は始まりました。

2018/06/04
category - コーヒー
                         

にほんブログ村
ブログ村ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックして下さると嬉しいです。


好天が続いています。今日も明日も天気は大丈夫そうです。


昨日(3日)で府中店・吉祥寺店の両店とも30%セールは終わりました。府中店は相変わらず盛況で、昨日もそれこそ沢山のお客様に来て頂きました。ありがとうございます。

IMG_0179.jpg
府中店のセールは、いつもこんな風にやっています。これは今回の写真ではありません。


吉祥寺店は、始めたばかりとしては、まあまあの様子でしたが、繁華街と住宅地の違いはあはっきり出ていて、これから、どんな売り方が良いのか考えて行かなければならないと思っています。


府中店では、お名前とご住所を頂くと、90%は府中市にお住いの方ですが、吉祥寺で同じことをしてみると、何と吉祥寺というご住所の方は10%しかいらっしゃいません。そういう意味では府中店と同じやり方で、店を立ち上げて行くのは難しいかも知れません。


ただ、1か月経って、常連さんは次第に付き始めていますので、基本的には常連さんを増やしていくという方法に変わりはないのですが、吉祥寺にお住まいで無い方にも、どうやって常連さんになって頂くのかを、考えて行かなければならないのだと思っています。


豆屋は、常連さん相手の仕事だという事はますますはっきりして来ているように思えます。そうした意味ではカフェとは全く違う仕事だという認識が何より大事です。


IMG_0641.jpg
以前行ったカフェ講座の中のコーヒー教室。こうやって見てみると開店指導を受けた方ばかりです。



<初夏のカフェ講座>は2日(土)に始まりましたが、こちらは参加者2名様です。一度調布でお会いしてお話した事のあるIさんと、ネットから申し込んで下さったSさんです。


去年の冬、行った<今年最後のカフェ講座>、今年最初に行った<春のカフェ講座>はどちらも満席で、10人以上のお客様が受講して下さいました。私としても今回の募集状況にはちょっと驚きましたが、理由ははっきりしている様に思えますので、それはそれで仕方ないと思っています。


今回はカフェ講座の日数を倍の4日間にしました。受講料も倍になり、時間も倍かかる訳ですから、お客様としてはちょっと大変だったと思います。更に、時間が午後6時30分からとなり(吉祥寺店閉店後)終わると午後9時を過ぎてしまいますので、女の人、又、遠方の方等は申し込み辛かったのもあると思います。


ただカフェ講座については、2人以上ならばやる様にしています。昔はその位の人数で何回もやりましたので、私の方は慣れていると言えば慣れています。ただ、お一人様の時は中止にさせて頂いています。講座というよりも何か個人的にお話している様になってしまい、とてもやりにくい事があったからです。


コーヒー教室にしろ、カフェ講座にしろ。受講者が多い時も、少ない時もあるわけですから、一喜一憂せずに、長く続けていく事が何より大事です。


カフェ講座は6月の土曜日一杯毎日、コーヒー教室は6月10日(日)の午後6時30分から予定しています。カフェ講座は一回でも受講できますし、コーヒー教室も現在お申し込みは6名様ですので、まだ、お申し込みになれます。詳しくは南方郵便機のホームページをご覧下さい。
                                 
                                      
            

初夏のカフェ講座のご挨拶を書きました。

2018/06/01
category - コーヒー
                         

にほんブログ村
ブログ村ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックして下さると嬉しいです。


明日、6月2日、土曜日から初夏のカフェ講座が始まります。


今日は、一日カフェ講座のテキストを作っていました。毎回、冒頭にご挨拶を入れるのですが、今回も書きました。このご挨拶は、直近のカフェ講座、開店指導の実情がよく表れているように思えますので、ブログにもアップさせて頂きます。


2018年 初夏のカフェ講座のご挨拶。


1461290699434.jpg


今日から4回にわたり、2018年、初夏のカフェ講座と題しまして、カフェ・豆屋の現状から、豆屋の開店の実際までをお話していきます。


2018年<春のカフェ講座>も無事終了し、まだ3ヶ月ちょっとしか経っておりませんが、今回<初夏のカフェ講座>を始めさせて頂きます。


2018年の春は、開店指導を受けた方の開店が相次ぎました。東京西馬込・東京学芸大学前・東京花小金井・奈良県奈良市・東京東十条の5か所に次々と豆屋が開店しております。これらの店舗は2018年5月現在、全て順調に稼働しております。


現在開店指導を受けている方は8名様ですが、そのうち2名の方はすでに東京谷中・千葉県本八幡に店舗が決定しております。早ければ7月に1軒・10月に1軒の開店になる予定です。それ以外の方も、店舗探しに奔走しておりますので、今年中には後、5店舗位が開店出来るかもしれません。


南方郵便機の様な、余り知名度も無く、店も府中が本店でそこも駅から7分も離れた、たった8坪の、豆屋の開店指導に、何故これだけ多くの方がお集まり頂き、店を作って行くのかを観て、一番驚いているのは、私自身かも知れません。


今回もスモールビジネスとしての豆屋という事で、スモールビジネスとしての豆屋の可能性についてお話ししたいと思います。去年辺りから1K釜の話が中心となって来ておりますので、今回も話の中心は1K釜のお店になると思いますが、勿論、3K釜・5K釜の話も一緒にさせて頂きます。


一番大事なのは皆さんの質問ですので、話の途中でも、又、最後にメモしておいたものでも構いませんので、遠慮なく質問して下さい。


内容は以下の予定表に書かれているものとおなじですが、もし質問が多く、そちらの方が大事、或いは面白いと思った時には、迷わずそちらの方を優先していきたいと思います。


私としては、<初夏のカフェ講座>の4日間が、皆さんの人生にとって少しでもお役に立てる事があれば、とても嬉しいと思っています。


という内容です。まだ、お申し込みは可能ですので、興味のある方はお申し込み下さい。