FC2ブログ
ヘッダー画像

プロフィール

nanpou1616

Author:nanpou1616
府中市で27年間、自家焙煎珈琲豆店をやってます。

当店では、直火5Kの焙煎器で、一釜・一釜丁寧に焙煎したものを、新鮮なうちに販売しております。基本的には煎りの深い・フレンチロースト・シティローストを中心に販売しています。

現在はカフェ講座・豆屋の開店指導を沢山行っております。2018年は全国に10軒の開店指導による豆屋が開店いたしました。カフェ講座は季節ごとに開催しておりますが、開店指導のお客様はカフェ講座以外からも沢山オファーがありお会いして、お話ししています。

店のホームページ・電話・或いはEメール等でご連絡頂ければいつでも出かけて行きお話しをさせて頂きます。宜しくお願い致します。

住所:〒183-0055
   東京都府中市府中町2-20-13 
   遠藤ビル1階
TEL&FAX:042-335-5292

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カテゴリ

    
            

<開店指導に興味のある方へのお手紙>を作りました。

2019/10/11
category - コーヒー
                         
にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村
ブログ村ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックして下さると嬉しいです。


今日はまだ静かですが、これこそ嵐の前の静けさかも知れません。

店のお客様に読んで頂こうと思い、開店指導に興味のある方へのお手紙というのをつくりました。府中店の他、札幌のイーハートブ珈琲豆店にも置いてもらうつもりです。長くなりますが、読んで下さると嬉しいです。これは最初の導入部だけですので、全体を読んでみたいという方がいらっしゃれば、お手紙をお送り致します。


御住所とお名前を書いてEメールで開店指導のお手紙希望と書いて下れば、4・5日うちに発送します。勿論、無料です。


IMG_20191011_170555 (2)
封筒も作りました。手作りです。


<南方郵便機の開店指導に興味のある方へのお手紙。 >


………あなたは、なぜ店は小さい方が良いか知っていますか。


………なぜ焙煎機は小さい方が良いか知っていますか。


………なぜ煎りの深いコーヒーが良く売れるのか知っていますか。


………なぜインターネットで豆が売れないのか知っていますか。


………なぜカフェが上手く行かないのか知っていますか。


………人生に2つの仕事を持つことの意味を知っていますか。


そうした事の全てにお答えしながら開店指導のご相談を行っております。


こんにちは。

南方郵便機の高橋です。この手紙を取り敢えず手に取って読み始めて下さった方にまず感謝です。


今、日本では社会の構造的な変化が起こり始めています。昔だったら、絶対に潰れないと思っていた大会社が平気で潰れ、絶対大丈夫と思っていた大銀行等も、今はとても仕事を続けるのが難しい状況になって来ています。


支店の多くは淘汰され、人も又、順次整理されて行きます。日本ではエリートと思われていた人達がこうした現状なのですから、他の仕事も多かれ少なかれこうした事態と無縁でいられる訳は無い様な気がします。


更に、日本人の平均寿命はどんどん延びて、数年後には、多分90歳位に手が届いて来るのも確実な事かも知れません。しかし、会社の定年は、幾ら国が声を枯らしてもなかなか伸びないのが実情ではないかと思います。


65歳で会社を辞めて、90歳迄生きるとすると、その25年間は一体どうするのという事になるのでは無いでしょうか。国は先日、生涯で年金以外2,000万円必要という発言をしてしまいましたが、それも、この辺りから出て来ているのでは無いかと思います。


ただ問題はお金だけではありません。むしろ、その25年を、毎日、何をやって生きて行くのかの方がずっと大きな問題かも知れません。仕事が無いのは辛いものです。遊ぶと言ってもそんなに遊んでいられるものでもありません。朝起きてすることが無い、行くところが無いという事位、人にとって辛いものは他に無いかも知れません。


ただ、そうした事態は、定年後よりは、むしろもう少し若い時の方が解決しやすい様にも思います。まだ、体力も気力も充分あるうちに、良い条件で会社を辞める事が出来れば、資金的にも、時間的にも余裕をもって次の人生に挑めるのではないでしょうか。


勿論、定年までお勤めになった後でも、豆屋なら出来ますが、カフェ等の立ち仕事はとても大変になってくると思います。若い頃からやっていた仕事というのは年になっても出来るものですが、年を取ってから、急に立ち仕事(カフェや飲食店)を始めてもなかなか続かないのではと思います。


余り前置きが長くなってもいけませんので、この辺りに致します。


3枚目以降のページに南方郵便機の開店指導についてのお知らせが入っております。


南方郵便機ではカフェ講座を年に3回ほど開講しています。開店指導を受ける方は、そこから半分位と、直に電話やメールで御連絡頂き、お会いして頂く方が半分位いらっしゃいます。私の方はいつでもお会いしてお話ししています。勿論、お会いして、お話しする事自体は全く無料です。興味のある方は、是非一度ご連絡下さい。お待ちしております。


                       南方郵便機 店主  高橋義雄
連絡先

高橋携帯:      090-1853-5226
府中店TEL&FAX:   042-335-5292
Eメール:       tempo@nanpouyuubinki.com

府中店住所:     〒183-0055 東京都府中市府中町2-20-13遠藤ビル1階
スポンサーサイト