ヘッダー画像

プロフィール

nanpou1616

Author:nanpou1616
府中市で27年間、自家焙煎珈琲豆店をやってます。

美味しいコーヒー豆は、良い生豆の選択・適切な焙煎・そしてそれを新鮮なうちに販売するという3つの事が、とても大事です。更にその3つが全て揃っていないと本当に美味しいコーヒー豆は販売出来ません。

当店では、直火5Kの焙煎器で、一釜・一釜丁寧に焙煎したものを、新鮮なうちに販売しております。

又、コーヒー教室・カフェ講座・豆屋の開店指導も随時行っております。

住所:〒183-0055
   東京都府中市府中町2-20-13 
   遠藤ビル1階
TEL&FAX:042-335-5292

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カテゴリ

    
            

映画シンゴジラを観て来ました。

2016/08/06
category - コーヒー
コメント - 0
                         
にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村
クリックしてね。


昨日は、夕方、トーホーシネマズ新宿でシンゴジラを観ました。近頃面白い映画は余りなく『まあいいやゴジラでも観よう。』という事で観に行きましたが、これがとんでもない大当たりでした。


監督も私などが全く知らない人で、今朝、うちの奥さんに聞いたら、エバンゲリオンの原作者という事でした。面白いのは当たり前かもしれません。


近頃のゴジラは何となく人間の味方という感じの映画が多かった様に思えますが、今回のゴジラは全くそうでは無く、日本を滅ぼす元凶という感じのゴジラです。原発の廃棄物の放射能の海の中で育った巨大怪物が日本に上陸し、首都を襲うという設定ですが、最初から最後まで緊張が持続しとても面白い映画です。

GALLERY012954_2.jpg

映画でも他の仕事でもそうですが、映画の場合は人が観たいものを作れるかが大きな鍵であることは言うを待ちません。お店の場合は人が欲しい物を作り、販売出来るかという事になるのでしょう。それには、どんな業種でも人が何を欲しているのかが分からなければ、やはり良い仕事にはならない様な気がします。


ゴジラが現れてからの官邸の無対応振りも、アメリカのゴリ押しも、そこに現れる、日本とアメリカの関係(何回も日本はアメリカの属国だというセリフが入ります。)も、見ているだけで、とてもリアリティがあり、そうした物に立ち向かう若手官僚達の表情もとても素敵です。


期待していなかっただけに、そういう思いを裏切られるという事はとても気持ちの良い物です。この監督は庵野秀明という人ですが、これから凄い映画を撮る様な気がします。


日本にも全く新しい分野から、優れた才能が生まれて来ているのを感じます。
スポンサーサイト
                                 
                                      

コメント

非公開コメント