ヘッダー画像

プロフィール

nanpou1616

Author:nanpou1616
府中市で27年間、自家焙煎珈琲豆店をやってます。

美味しいコーヒー豆は、良い生豆の選択・適切な焙煎・そしてそれを新鮮なうちに販売するという3つの事が、とても大事です。更にその3つが全て揃っていないと本当に美味しいコーヒー豆は販売出来ません。

当店では、直火5Kの焙煎器で、一釜・一釜丁寧に焙煎したものを、新鮮なうちに販売しております。

又、コーヒー教室・カフェ講座・豆屋の開店指導も随時行っております。

住所:〒183-0055
   東京都府中市府中町2-20-13 
   遠藤ビル1階
TEL&FAX:042-335-5292

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カテゴリ

    
            

今日はTさんが開店指導のお話に来て下さいました。

2016/08/05
category - コーヒー
コメント - 0
                         

にほんブログ村
クリックしてね。


もう後2週間程で、夏のカフェ講座<豆屋>が始まります。今日もそれとは別に、開店指導の話を聞きに、オフイスにお客様が来て下さいました。今日初めてお会いしたので、まだ、どうなるかは分かりませんが、こちらとしては開店指導の内容をきちんとお伝え出来たと思っています。


今日もそうですが、初めてお会いする方に、パンフレットやご案内の類を、開店指導に関しては余りお渡ししない様にしています。お互いに初めて会う訳で、相手の方がどんな方なのか、又、どんな事を望んでいるのかを、直に話しながら、互いに見極めて行くのが一番良いと思っているからです。


ただ今日は初めてにしては、なかなか細部まで説明出来た様な気がしています。


1461830077341.jpg
開店直後のホサ金工房。一回目の焙煎機メンテナンス。富士ローヤルのOさんと。


豆屋はスモールビジネスであること、如何にしてお金を掛けずに、仕事を作って行くのか、1K釜のお店と、3K釜・5K釜のお店では、開店時のお金の掛かり方が、どう違うのか、又、先々はどんな問題が出て来るのか、など私としても近頃気になっている事項をそれなりに説明出来た様な気がしています。


当店の開店指導は、生豆に絡まない事、焙煎機にも絡まない事(最初に割引率だけは提示致します。)が大きな特徴であると思っています。焙煎は勿論教えていますが、決して焙煎だけを教える焙煎指導では無く、どうやって売れる豆屋を作って行くのかという開店指導ありたいというのが私の開店指導における一番の願いです。


ただ、開店する人も、その直前になると、とても盛り上がってしまう方が多く、人のいう事を聞けなくなるのも、私としては何度も経験している苦い事実です。その辺りからフランチャイズ、或いはチェーン店という発想も出てはくるのですが、まだまだ力も足りず、次期が早すぎる気も致します。


8月の18日には、もう一人全くお会いした事の無い、開店指導希望の方と合ってお話する事が決まっています。そのあと、いよいよ夏のカフェ講座豆屋が始まります。そこは現在5名の方が講座にお申込みになっています。そこからも新しい開店希望者が手を挙げて下されば、私の秋も忙しい秋になってくれると思っています。
スポンサーサイト
                                 
                                      

コメント

非公開コメント