FC2ブログ
ヘッダー画像

プロフィール

nanpou1616

Author:nanpou1616
府中市で27年間、自家焙煎珈琲豆店をやってます。

当店では、直火5Kの焙煎器で、一釜・一釜丁寧に焙煎したものを、新鮮なうちに販売しております。基本的には煎りの深い・フレンチロースト・シティローストを中心に販売しています。

現在はカフェ講座・豆屋の開店指導を沢山行っております。2018年は全国に10軒の開店指導による豆屋が開店いたしました。カフェ講座は季節ごとに開催しておりますが、開店指導のお客様はカフェ講座以外からも沢山オファーがありお会いして、お話ししています。

店のホームページ・電話・或いはEメール等でご連絡頂ければいつでも出かけて行きお話しをさせて頂きます。宜しくお願い致します。

住所:〒183-0055
   東京都府中市府中町2-20-13 
   遠藤ビル1階
TEL&FAX:042-335-5292

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カテゴリ

    
            

Kさんのスタッフはポーランド人の女性でイギリスの大学院卒というお話です。

2019/04/02
category - コーヒー
                         
にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村
ブログ村ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックして下さると嬉しいです。


今日は寒いです。4月になってこの寒さとは驚きますが、桜が咲くと寒くなるというのは、去年も全く同じでしたので、来年も、桜が咲くと寒くなるというのは続くかも知れません。おかしなのは、それでも桜は満開で、どうも気温と、景色が合っていない様に思えます。外を歩いて桜見物をする人も少ないかも知れません。


昨日は、開店指導の契約を吉祥寺の貸し会議室で行いました。<春のカフェ講座>を受講して下さったKさんが契約してくれたのですが、Kさんとは2時間位いろいろお話しました。


IMG_4560.jpg
今回の<春のカフェ講座>の皆さん。お疲れ様でした。


Kさんは、ちゃんとした御自分の会社を持っておられるのですが、その会社の2つ目の仕事として豆屋をやってみたいというお話でした。うちとしては法人の方の契約は初めてですが、お話を聞いてみるといろいろ面白い話がありました。


現在の仕事のスタッフが、ポーランド人の女性で、イギリスの大学院を卒業しているという事でした。彼女にも豆屋を手伝ってもらうという事ですので、これは凄いなと思います。私も結構驚きました。


開店指導を受けて開店した店のスタッフに外国人がいるという話しは聞いた事がありません。もともと、私のお勧めしている豆屋は一人でやるのが基本ですので、スタッフという言葉自体が入る隙間がありません。(笑い)


ただ、Kさんは、今までの仕事は勿論続ける訳で、一人で店を切り盛りする訳には行きません。又、Kさんの仕事自体が、国内だけの仕事では無いというお話でしたので、英語が堪能なスタッフが必要という事だったのだと思います。


それにしてもポーランド出身、イギリスの大学院卒の女性という、私には聞き慣れない言葉が並び、豆屋の開店指導も多彩になって来た物だと思います。私が知っているポーランドは、映画<灰とダイヤモンド><カチンの森>位ですので、一体どんな方なのか、店が出来たら一度お会いしてみたいものだと思います。


聞かれもしないのに言うのは何ですが、私の学歴は、明治大学二部文学部に8年間いて除籍というもので、これをカフェ講座でお話すると、必ず、皆クスクス笑うのですが、何と失礼な奴と思いながら、まあ仕方無いかと思う事にしています。(笑い。)


取り敢えず、学歴は豆屋にとって必要な物ではありません。
スポンサーサイト