ヘッダー画像

プロフィール

nanpou1616

Author:nanpou1616
府中市で27年間、自家焙煎珈琲豆店をやってます。

美味しいコーヒー豆は、良い生豆の選択・適切な焙煎・そしてそれを新鮮なうちに販売するという3つの事が、とても大事です。更にその3つが全て揃っていないと本当に美味しいコーヒー豆は販売出来ません。

当店では、直火5Kの焙煎器で、一釜・一釜丁寧に焙煎したものを、新鮮なうちに販売しております。

又、コーヒー教室・カフェ講座・豆屋の開店指導も随時行っております。

住所:〒183-0055
   東京都府中市府中町2-20-13 
   遠藤ビル1階
TEL&FAX:042-335-5292

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カテゴリ

    
            

貸店舗探しにはいろいろな問題が起きてきます。

2016/04/13
category - コーヒー
コメント - 0
                         
南方郵便機のホームページ
カフェ講座のお知らせ。
http://www.nanpouyuubinki.com/seminar16.html


今日は朝から雨が降っています。昨日も、一昨日も、結局午後から寒くなり、今日は温かいということでしたが、今度は雨が降ってしまいます。今年の春はなかなか天候には恵まれません。

昨日は、開店指導のNさんのお店を、アットホーム賃貸で探していて、京王線のある駅にとても良い物件があったのですが、飲食店は駄目だという事で断られました。それでは豆屋ならどうですか、消煙機を付けるので、煙も出ませんが、と聞くと臭いがするから駄目だという事でした。

私も少し腹が立ったので、『じゃあどんな業種なら良いのですか、今更、ブッテクや雑貨屋さんをやる人など殆どいないでしょうし、美容室とかが良いと思っても、美容室だってこんなに増えては、もうそろそろ頭打ちでは無いですか。』

学習塾とかと言ってもそんなに広い物件でもありません。とは思っても、不動産屋さんは大家さんの意向を伝えているだけですので、まあ言われても仕方が無いかも知れません。

大家さんにしてみれば、過去に飲食店に貸して、手痛い目にあった事があり、それが忘れられないのかも知れませんが、私からしてみれば、これから人も減り、日本の経済状態も、世界の経済状態もとんでも無い所に入って行く可能性もある時期に、日本では大家さん達がとても保守的になり、リスクを取らなくなって来ている様に思えます。

ガスは入れたくないの、飲食店は駄目だの、臭いが出るのは駄目だのと言っていても、じゃあそこで、どんな仕事が出来るのという事になってくれば、そんな仕事は何処にも無いというのはだんだん分かってくるのでは無いでしょうか。

私の知っている店舗でも、とても良い場所なのに、ガスが引けないと言うので、もう三年も空いている貸店舗もあります。家賃15万だとしたら、もうすでに500万円以上が失われているのです。

勿論、大家さんなのでお金持ちなのでしょうが、私だったら、もう少し良くその仕事を調べ、その人がどんな人なのかを理解しようと思うのですが、ただ頑なに、ガスは引けないというというだけで、全てに蓋をしてしまっているように思えます。

不動産屋さんはプロなのですから、もう少しいろいろ勉強し、大家さんにいろいろ現状をアドバイスし、何とか間に入って仕事をしない限り、こうした現状は打開出来ないと思うのですが、不動産屋さんというのは、仲介業者と言いながら、大家さんとの関係を大事にするだけで、一つも中に入ろうと言う意気込みは無いように思えます。

そうして街は、臭いも、音もない代わりに、何の面白い店も出来ず、美容室ばかりが増え、静かに衰退して行くのです。

コーヒー教室は今週の土曜日になります。
まだ、空きがありますのでお申し込みをお待ちしております。
http://www.nanpouyuubinki.com/seminar18.html


スポンサーサイト
                                 
                                      

コメント

非公開コメント