ヘッダー画像

プロフィール

nanpou1616

Author:nanpou1616
府中市で27年間、自家焙煎珈琲豆店をやってます。

美味しいコーヒー豆は、良い生豆の選択・適切な焙煎・そしてそれを新鮮なうちに販売するという3つの事が、とても大事です。更にその3つが全て揃っていないと本当に美味しいコーヒー豆は販売出来ません。

当店では、直火5Kの焙煎器で、一釜・一釜丁寧に焙煎したものを、新鮮なうちに販売しております。

又、コーヒー教室・カフェ講座・豆屋の開店指導も随時行っております。

住所:〒183-0055
   東京都府中市府中町2-20-13 
   遠藤ビル1階
TEL&FAX:042-335-5292

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カテゴリ

    
            

スモールビジネスとしての豆屋の可能性。

2016/08/01
category - コーヒー
コメント - 0
                         

にほんブログ村
クリックしてね。


今日は天気が不安定と天気予報では言っています。それだからという訳ではないのですが、今日は出かけず一日、家で仕事をしようと思っています。私の場合、どうしても一日一回は何処かへ出かけてしまい、なかなか一日中、家に居る事はありません。


たまに一日家で仕事をすると、結構捗ったり、違う事が出来る事もあります。今日から8月なのですが、今日は朝から、始めての方から開店指導のオファーもあり、大分いろいろな事が片付いて来た事もありと、なかなか良い出だしの月になりました。


昨日は開店指導のOさんが、オフイスにお見えになり、2人で長い事話しましたが、12月には会社を辞め、準備に入りますという事でした。Oさんはスモールビジネスの豆屋という事をとても良く理解していて、その辺りは殆ど心配無い様な気がします。


8月3日に開店指導のMさんと2人で、富士ロ-ヤルの東京ショールームへ行き1K釜の焙煎をしてくるはずですので、1K釜に決まる可能性も高いと思います。これで1K釜を考えている、当店の開店指導の方は4人になりますので、当店では、1K釜の店は急激に増えて来る事になります。


1469008024657.jpg
富士ローヤル東京ショールーム 沢山お釜が並んでいます。



スモールビジネスですので、出来るだけ開店時の出費を減らし、何とか300万円でお店を作るパターンを考えて行きたいと思います。ただ、消煙機を付けなければならない場所だと、あと120万円位は掛かってしまいますので、400万円では少し足りないというのが、現状の認識です。


スモールビジネスですから、小さくお金を掛けて、大きく稼ぐのが原則です。いろいろ考えながら、仕事も、人生も組み立てて行くのが一番良いやり方だと思っています
スポンサーサイト
                                 
                                      

コメント

非公開コメント