ヘッダー画像

プロフィール

nanpou1616

Author:nanpou1616
府中市で27年間、自家焙煎珈琲豆店をやってます。

美味しいコーヒー豆は、良い生豆の選択・適切な焙煎・そしてそれを新鮮なうちに販売するという3つの事が、とても大事です。更にその3つが全て揃っていないと本当に美味しいコーヒー豆は販売出来ません。

当店では、直火5Kの焙煎器で、一釜・一釜丁寧に焙煎したものを、新鮮なうちに販売しております。

又、コーヒー教室・カフェ講座・豆屋の開店指導も随時行っております。

住所:〒183-0055
   東京都府中市府中町2-20-13 
   遠藤ビル1階
TEL&FAX:042-335-5292

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カテゴリ

    
            

昨日は、茗荷谷と長岡に電話してみました。

2016/07/26
category - コーヒー
コメント - 0
                         
にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村
クリックしてね。


なかなか梅雨はあけませんが、今日も何か梅雨の真っただ中という天気になりそうです。


昨日は先週の土・日の結果を聞くために、茗荷谷の<氷川下10番地>と長岡の<リブロ珈琲>に電話してみました。


刈込さんの店<氷川下10番地>は、土曜日は、知り合いが器具などを沢山買ってくれ、なかなかの売り上げだったそうです。日曜日はそうした事は無かったようで、まあまあの売り上げでした。


しかし、どう考えても、夏の、開店したばかりの店の売り上げではありません。多分、刈込さんは何処でもこんな物だと思っていると思うのですが、私から見たら、まあとんでもない売り上げです。そういう意味ではとても順調な開店です。


もう一つの、長岡<リブロ珈琲>は、開店した週の1.5倍位の来店者数になって来たようで、宣伝も看板も遅れている現在、ちょっと良い兆しの様な気がします。長谷川さんによると『コーヒーを飲んだ後、豆屋やリキッドを買ってくれるお客様も増えて来ました。』という事ですので、それが一番大事な所です。

1469491479605.jpg
リブロ珈琲の5K釜。これから長く使える様に頑張って下さい。


基本的な位置付けとしては、豆屋なので、味を訴求するためにカフェを併設した訳ですから、豆の販売に結びつかなければ、困った事になると思っていました。ただ、これから、看板を付け、宣伝もしていく訳ですから、秋になったら楽しみなお店になるかも知れません。


取り敢えず、長岡の花火大会の日に、店があることを知って貰う事が大切で、8月の2日間で、街の人に店があることをどれだけ認知して貰えるかが、ここのところの課題だと思っています。


イベントやお祭りで、店の存在を知って貰うのはとても良い事で、初期の南方郵便機も桜祭りにどれだけ助けられたか分かりません。今では桜祭りの形も変わってしまい、桜祭りで賑わう事も無くなりましたが、それでも普段の土・日の倍のお客様がお見えになります。
スポンサーサイト
                                 
                                      

コメント

非公開コメント