FC2ブログ
ヘッダー画像

プロフィール

nanpou1616

Author:nanpou1616
府中市で27年間、自家焙煎珈琲豆店をやってます。

美味しいコーヒー豆は、良い生豆の選択・適切な焙煎・そしてそれを新鮮なうちに販売するという3つの事が、とても大事です。更にその3つが全て揃っていないと本当に美味しいコーヒー豆は販売出来ません。

当店では、直火5Kの焙煎器で、一釜・一釜丁寧に焙煎したものを、新鮮なうちに販売しております。

又、コーヒー教室・カフェ講座・豆屋の開店指導も随時行っております。

住所:〒183-0055
   東京都府中市府中町2-20-13 
   遠藤ビル1階
TEL&FAX:042-335-5292

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カテゴリ

    
            

人が好きでなければ豆屋は上手く行きません。

2018/10/09
category - コーヒー
                         

にほんブログ村
ブログ村ランキングに参加しています。


気温は下がり、気候は漸く秋の気配が強くなって来ました。昨日はシャツ1枚で外に居ると寒いと思う様な一日でした。今日は、少しは日差しもある様ですが、そんな暑くなる様な事はないと思います。


IMG_3947.jpg
昨日は曇っていましたが、それでも、雲の間から覗く空は秋の空です。


昨日は、ちょっと用事があり、千葉方面へ出かけたので、帰りは本八幡の<トイズコーヒー>に寄ってみました。相変わらず、店の前は人が沢山通ります。駅前なので当たり前ですが、夕方の人出は凄い物です。


何か忙しそうで、小さな店ですから、中に人が居ない方が良いと思いますので、早々に引き上げて来ましたが、帰りの電車の中で、今度は東長崎の<ひかるコーヒー>のYさんから電話がありましたので、電車を降りてから電話しました。


IMG_3959.jpg
ドリップバッグも出来ていました。


<ひかるコーヒー>は昨日が開店3日目ですが、もう2度目のお客さんが来てくれました。というお話でした。カフェではないので、そんなに直ぐにお客さんが来てくれる事は無いのですが、余程美味しくて直ぐに飲んでしまったのだと思います。


豆屋の場合、リピーターさんがどの位来てくれるのかが、仕事の先を見る上で、とても大事な事になります。そこがカフェ等と大きく違う所です。大体3回来店して下さったお客様は、常連さんになってくれる確率がとても高くなります。


豆屋は、常連さんがどの位居るかが、結局仕事の成否を決めますので、常連さんを増やせない店は上手く行かないのが普通です。昨日も<ひかるコーヒー>のYさんはとても楽しそうでした。


『お客様は皆良く話をして行きます。私の方も、それがとても楽しいです。』というお話でした。こういう店は上手く行くのが当たり前です。自分が楽しく無くて、仕事だから話をしている様では、とてもではないが、小さな豆屋等上手く行くはずがありません。


勿論、豆が美味しいというのは前提ですが、豆屋のお客様というのは殆ど毎週来てくれるのです。その時、いろいろな話をしてくれます。それがお互いに楽しく無くてどうして、店が上手く行くでしょう。


私も府中店を始めた頃から、お客様と話をするのが好きでした。1時間以上、平気で話をすることも珍しくはありませんでしたので、豆屋としてはお客様の、店での滞在時間は異常に長い店だったと思います。


でもそれが楽しくて仕方ありませんでした。だから、府中店は30年以上経った今でも、常連さんは変わらず通ってくれています。今は、うちの奥さんがよく話をしている様で、帰ってから、いろいろ教えてくれます。


小さな店というのはそうやって成り立っているのです。ただ、それは接客する人間が、仕事で嫌々しているのでは、とてもではないが上手くはいきません。そんな事は、人は直ぐに分かってしまうからです。豆屋を始める時に、やる人を観て一番気になるのはその辺りです。


人が嫌いでは、豆屋はできません。

スポンサーサイト