FC2ブログ
ヘッダー画像

プロフィール

nanpou1616

Author:nanpou1616
府中市で27年間、自家焙煎珈琲豆店をやってます。

美味しいコーヒー豆は、良い生豆の選択・適切な焙煎・そしてそれを新鮮なうちに販売するという3つの事が、とても大事です。更にその3つが全て揃っていないと本当に美味しいコーヒー豆は販売出来ません。

当店では、直火5Kの焙煎器で、一釜・一釜丁寧に焙煎したものを、新鮮なうちに販売しております。

又、コーヒー教室・カフェ講座・豆屋の開店指導も随時行っております。

住所:〒183-0055
   東京都府中市府中町2-20-13 
   遠藤ビル1階
TEL&FAX:042-335-5292

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カテゴリ

    
            

豆屋はどんな立地が良いのでしょう。

2018/09/13
category - コーヒー
                         

にほんブログ村
ブログ村ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックして下さると嬉しいです。


昨日は、マニュアル作りは、一日お休みでした。本八幡のKさんが健康診断という事で、今日・明日の2日間マニュアル作りを行います。今朝、初日に焙煎した、ブラジルシティを家で飲んでみましたが、とてもソフトな味で、美味しい中深煎りのコーヒーでした。


今日・明日と更に、仕事を進め、開店迄に更に美味しい物にしていきたいと思っています。入谷のIさんは毎日良く売れていて忙しそうです。夜、電話をくれますが、いろいろなお話がもう来ている様で、昨日もカフェへの販売が決まった様です。


結構な量なので、ツイているとしか言いようがありません。自営業者にとってツキはとても大事です。天候も含め、ツイているのといないのでは売り上げは大きく違って来ます。ただ、仕事はツキだけで長くはやれるはずがないので、基本的な味と接客が大事なのは、言うを待ちません。


本八幡のKさんの店はもう8分通りは出来ていて、後はビンに名前を付け、ペーパーやドリッパー等の器具類を並べるだけです。先行したIさんが、余りに好調な出だしでしたので、いろいろ大変な所もあるかも知れませんが、勝負は1年目・3年目・5年目です。


IMG_3781.jpg
お店はとても小さいです。


そこまでは、これから始める東長崎のYさんを含め、誰が本当によくなって行くかはわかりません。売れるまでに時間の掛かる業種ですので、やる人の実力が問われるのは。長い時間を経た後です。


ただ5年やってしまえば、そこから良くなる事は殆ど無いと思います。それは今までの経験から分かります。何とか5年のうちに店を立ち上げたいものです。


本八幡のKさんの店は、流石に人通りも多く、店の前にバスを待つ人がいつも並んでいます。勿論通る人も多いので、素晴らしい立地です。立地で言えば、今までのうちの開店指導店の中では群を抜いています。


IMG_3783.jpg
JR本八幡駅のロータリーの中。前はバス停で勿論通る人は多いです。


その代り、坪辺りの単価は銀座より高いのでは無いかと思います。大きさは2.8坪しかありません。ただ、豆屋は幾ら店が大きくとも何の意味もありません。カフェではないので、席数×何回転という仕事ではないのです。


流石に2・8坪というのは極小ですが、10坪の店と売り上げが変わる訳ではありません。1K釜が入り、商品が置ければそれで充分仕事になります。ただ、初めて自力で始める人は、その辺りがとても怖いのかもしれません。多分、店を借りる時に、家賃を含めいろいろ迷ってしまい、そうした店を見つけても借りられないのが普通だと思います。


そこで、どうしても10坪前後の坪数で、売るのが難しそうな場所を選んでしまうのですが、豆屋の場合、売り上げと店の坪数はなんら関係ありません。出来るだけ人が多く通る、目に付きやすい場所を探すのが一番大事です。
スポンサーサイト