FC2ブログ
ヘッダー画像

プロフィール

nanpou1616

Author:nanpou1616
府中市で27年間、自家焙煎珈琲豆店をやってます。

美味しいコーヒー豆は、良い生豆の選択・適切な焙煎・そしてそれを新鮮なうちに販売するという3つの事が、とても大事です。更にその3つが全て揃っていないと本当に美味しいコーヒー豆は販売出来ません。

当店では、直火5Kの焙煎器で、一釜・一釜丁寧に焙煎したものを、新鮮なうちに販売しております。

又、コーヒー教室・カフェ講座・豆屋の開店指導も随時行っております。

住所:〒183-0055
   東京都府中市府中町2-20-13 
   遠藤ビル1階
TEL&FAX:042-335-5292

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カテゴリ

    
            

世田谷への出店はどうして駄目なの。

2018/08/24
category - コーヒー
                         

にほんブログ村
ブログ村ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックして下さると嬉しいです。


再び暑さが戻って来ました。私の願いも虚しく、気温は再び上昇し、昨日も、一昨日もとんでもない暑さです。


この間のあの気持ちのよかった日々はいったい何処へ行ってしまったのでしょう。台風次第だと思いながらも、台風が暑い空気を運んで来ている様なので、台風に期待することも出来ません。早く気温が下がってくれる事を祈るばかりです。


20日の月曜日は、開店指導のオファーのあったNさんと、調布のアフタヌーンティーで会いました。Sさんは、40歳位ですが、実際はもっと若く見へます。何となく近況をお話し、開店指導の話に入って行きます。


メールを頂いていた時から、もう焙煎は出来ます。というお話でしたので、うちの開店指導を受けたい方としては初めてのケースです。何処かで習った事がある方は結構多いのですが、もう焙煎が出来上がってしまっている方の開店指導というのはしたことがありません。


お話をしているうちに分かって来たのは、自家焙煎のカフェの店長さんをしていた事、そこで、1K釜で豆を焙煎していた事、更にそこを退職されてから、ある所に習いに行き、その焙煎方法でやって行こうと思っているという事でした。


ただ、お話を聞いていると、やはりご自分でお店を作った事がないので、その辺りがとても不安そうでした。立地にしてもメールの段階では世田谷辺りが良いと思っていると書いてありましたので、その辺りから話を始めました。


IMG_1522.jpg
中板橋<杉綾珈琲豆店>、普通の街で豆屋は上手く行くという見本の様な店になっつて来ました。


世田谷にはうちの開店指導の店が2軒あり、その近辺にも、それなりにうちの開店指導店はあります。そうでなくとも、世田谷は豆屋・カフェが乱立していて、競合は激化している場所です。


Nさんの考えでは、世田谷は世帯収入が高く、住んでいる人もコーヒーを飲みそうな方が多いので、良いのではないかと考えられていたようです。


Nさんに限らず、開店場所を選ぶ際、世田谷区・或いは中央線の阿佐ヶ谷・荻窪・西荻窪・高円寺・吉祥寺等を選ぶ方が多いのですが、この辺りは、どこも豆屋・カフェで一杯です。なぜそうなるのかというと、店を始める際に、コーヒーに対する昔のイメージが払拭されていないからだと思います。


昔は、コーヒーは高級品で、家で淹れる人は珍しかったのです。だから、どうしても家でコーヒーを淹れる人が多そうな所を選んでいたのだと思います。


ただ、私の考えでは近年、家でコーヒーを淹れるのは別に高級でも何でもない普通の事になっています。だから、別に特別な場所で無くとも充分やっていけます。そうした事はとても大事な知識なので、それによって出店場所も大きく違って来ます。


私が、心配するのは、地方でやる場合だけですが、これも大きな街の場合は、余り問題では無い様な気がします。


コーヒーの場合は、喫茶店(カフェ)は何しろ減っています。個人店に限ればその減り方はとても凄い物です。しかし、日本全体のコーヒーの消費量は反対に増え続けているのです。それは、取りも直さず、家庭でコーヒーを淹れる人が増えているという事以外考えられません。


そうした意味では、豆屋はまだまだ出店可能な業種です。だから無理に昔良かった場所に出店することは無いというのが私の考えです。


東京では、何処でも豆を家で淹れる人は居る訳ですから、何処か住宅地の比較的人が通りそうな場所が一番良いと私は思っています。繫華街である必要も、有名住宅地である必要も全くありません。本当に美味しい豆を焙煎し、その街で豆屋として一番店になってしまうのが、最初の成功の鍵です。


でも、だから自宅でと言うのはちょっと違っています。自宅がそんな場所にあるとは限らないからです。逆に住宅地なら何処でも良い訳ではないのです。その辺りが分かる人と分からない人では、仕事としては10年後の売り上げは全く違うものになってしまいます。


ただ、そうこう書いているうちに昨日Nさんからメールを頂きました。まだまだ、いろいろ考慮中の様ですので、このブログでは触れるのは先の方が良い様な気がします。その時が来ましたら、又、書かせて頂きます。


府中店・吉祥寺店共に今日から<夏の終わりの30%OFFセール>を10日間行います。まだ暑いのですが、毎年このセールから一年が始まります。秋の来る前の前哨戦です。
セールは9月2日(日)まで行います。
スポンサーサイト