ヘッダー画像

プロフィール

nanpou1616

Author:nanpou1616
府中市で27年間、自家焙煎珈琲豆店をやってます。

美味しいコーヒー豆は、良い生豆の選択・適切な焙煎・そしてそれを新鮮なうちに販売するという3つの事が、とても大事です。更にその3つが全て揃っていないと本当に美味しいコーヒー豆は販売出来ません。

当店では、直火5Kの焙煎器で、一釜・一釜丁寧に焙煎したものを、新鮮なうちに販売しております。

又、コーヒー教室・カフェ講座・豆屋の開店指導も随時行っております。

住所:〒183-0055
   東京都府中市府中町2-20-13 
   遠藤ビル1階
TEL&FAX:042-335-5292

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カテゴリ

    
            

コンセプトは趣味やセンスと違います。

2016/07/22
category - コーヒー
コメント - 0
                         
にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村
クリックしてね。


今日も午前中は雨でした。昼には止んだので、気温も低く過ごしやすい状況です。


今日は午前中、開店指導の恒松さんが、オフイスにお見えになり、いろいろ話をしました。恒松さんは最初の予定では、来年春の開店予定でしたが、豆も焙ける様になり、『早く開店した方が良いよ。』という私の意見もあり、少し開店が早まるかも知れません。


恒松さんと良くお話ししてみると、カフェ付のお店に興味が強くなっているようで、それはそれで良い事だと思います。


ただ、カフェ付の店は、その人の個性が強く出て、それが作ろうとしているコンセプトとピッタリあっているのなら、それで良いのですが、大抵の場合は趣味やセンスが先行してしまい、いったいその店をどんな店にしたかったのかが、よく分からなくなってしまうのというのが圧倒的に多い様な気がします。


趣味やセンスというのは、コンセプトとは全く関係の無い話です。どんなコーヒーをどんな値段で、どんな店で、どんな風に飲んでもらいたいのかがはっきりしなければ、結局、自分の好きなカップ、自分の好きな家具、自分の好きな内外装といったものに寄りかかって店を作り、出来たものはどこにでもある普通の喫茶店になり易いのは、火を見るよりも明らかです。

1469169449859.jpg
札幌の地下街の中の一軒<カフェ クロワッサン>。 前回の札幌の旅では、毎朝ここで朝食を食べました。



しっかりしたコンセプトを作り、そのコンセプトに、自分の趣味やセンスをぴったり当てはめる事が出来たとき、誰にも作れない自分の店が作れるのだと私は思っています。


自分の好きな物を幾ら集めても、それを好きな人もいれば嫌いな人もいるというだけの話になってしまいます。カフェ付の店の場合、豆屋だけの時より、そうした事態になり易い条件が揃っていると思います。


と書くと随分難しそうですが、そんな事はありません。基本的に何を売りにして、仕事をしていくのかが分かっていれば、そんなに大きな間違いにならずに済むものです。
スポンサーサイト
                                 
                                      

コメント

非公開コメント