FC2ブログ
ヘッダー画像

プロフィール

nanpou1616

Author:nanpou1616
府中市で27年間、自家焙煎珈琲豆店をやってます。

美味しいコーヒー豆は、良い生豆の選択・適切な焙煎・そしてそれを新鮮なうちに販売するという3つの事が、とても大事です。更にその3つが全て揃っていないと本当に美味しいコーヒー豆は販売出来ません。

当店では、直火5Kの焙煎器で、一釜・一釜丁寧に焙煎したものを、新鮮なうちに販売しております。

又、コーヒー教室・カフェ講座・豆屋の開店指導も随時行っております。

住所:〒183-0055
   東京都府中市府中町2-20-13 
   遠藤ビル1階
TEL&FAX:042-335-5292

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カテゴリ

    
            

学芸大前のハッピーコーヒーも頑張っています。

2018/07/28
category - コーヒー
                         

にほんブログ村
ブログ村ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックして下さると嬉しいです。


暑い夏になりました。こう暑くなるとコーヒーが飲みたいか、飲みたくないかというよりもむしろ買いに行くのが面倒臭い、或いは外に出るのが嫌という方が問題かも知れません。テレビでも盛んに、用のない人は外へ出ない様にと言っています。


でも店は閉める訳には行きませんので、毎日開けなければなりません。店をやるという事はそういう事なので、そういう覚悟の無い人は店を作ってはいけません。他にいろいろ仕事はあります。(笑い)


特に豆屋は焙煎をしなければならないので、大変です。お釜に火を入れるのも、勇気がいる季節になって来ました。ストーブを焚きながら、クーラーを付けているという状態なので、1K釜はまだしも、5K・10Kとお釜が大きくなればなるほど暑さも平常ではなくなります。


でもそれが豆屋の仕事です。それが嫌な人は仮想通貨でもやって食べて行けば良いのです。(笑い)それで食べて行ければですが。


学芸大前のOさんの店も春に開店しましたが、初期はなかなか、1K釜の焙煎機と消煙機のマッチングが上手く行かず、大変な思いをしました。何とか、原因を突き止め、漸く焙煎が上手く行く様になった辺りで、今度は季節が夏になってしまいました。


IMG_2588.jpg
学芸大前、ハッピーコーヒーも今年が最初の夏です。


こう暑くては、なかなかお客様も来ないのが普通です。何年もやっている店は、アイスリキッドコーヒー(液体のコーヒー)が売れたり、ぽつぽつお客様も来て下さいます。しかし始めて最初の年の夏の豆屋は悲惨なものです。


私も府中店を始めた初年度の夏は0人・1人・2人という数字が売り上げノートに並びました。本も相当読めた様な気がします。それでも嫌になると、ちょっと外へ出て、軽い運動などをしたものです。売れない店程詰まらない物はありません。


今年開店した店も、多分、今頃は相当暇では無いかと思います。学芸大前のハッピーコーヒーもその例にもれず、Oさんも身の置き場に、困っているかも知れません。しかし、この夏の間にどれだけ秋の仕事が出来たかにより、秋以降の売り上げは大きく変わって来ます。


秋になって忙しくなれば、それこそ、宣伝もホームページも、ブログも、メールニュースも考えてなどいられないし。こうした時間のある時期に、やっておかなければならない事は無数にあります。そうでないとやる仕事は、皆場当たり的な物になり、上手く行かない事が多くなります。


開店の時も、時間や用に追われ、どうやって店の宣伝をやって行くか等を考える時間など無い訳ですから、この夏の間にそうした事を纏めて考えらえればベストです。秋からの売り上げに大きな差が出るのは、実はこうした暇な時期をどう過ごしたか、という事なのです。
スポンサーサイト