FC2ブログ
ヘッダー画像

プロフィール

nanpou1616

Author:nanpou1616
府中市で27年間、自家焙煎珈琲豆店をやってます。

美味しいコーヒー豆は、良い生豆の選択・適切な焙煎・そしてそれを新鮮なうちに販売するという3つの事が、とても大事です。更にその3つが全て揃っていないと本当に美味しいコーヒー豆は販売出来ません。

当店では、直火5Kの焙煎器で、一釜・一釜丁寧に焙煎したものを、新鮮なうちに販売しております。

又、コーヒー教室・カフェ講座・豆屋の開店指導も随時行っております。

住所:〒183-0055
   東京都府中市府中町2-20-13 
   遠藤ビル1階
TEL&FAX:042-335-5292

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カテゴリ

    
            

開店したての豆屋は売れなくて普通です。

2018/06/14
category - コーヒー
                         

ブログ村ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックして下さると嬉しいです。


昨日も一昨日も、今週は忙しく、明日の金曜日まで、それは続きそうですが、それが過ぎると何となくゆっくり出来そうです。


昨日は、東十条の<ひとつぶ珈琲>へ試飲に行きました。伺いますと言いながらなかなか伺えなかったので、昨日用事が済んだ後出かけました。ついたら夕方4時を過ぎていました。


電話もせずに行ったので、どうかなと思っていましたが、店は営業中で、Yさんも仕事をしていました。店は空いていてYさんも何となく元気が無さそうです。マンデリンのコモドドラゴンのフレンチローストを淹れてくれたので、頂きましたが、Yさんが心配していたよりずっとちゃんとした味で安心しました。


味は心配無いのですが、どうも売り上げが今一つなのが心配そうですので、詳しく聞いてみると特別変わった数字ではありません。私はカフェ講座の時から、過剰な数字を言うのは嫌なので、ありのままの数字をお話ししています。


開店したのが5月の連休後で、それから6月に入り、半ばまで来た訳ですが、その辺りで開店初年度から売れる豆屋というのはありません。開店して直ぐには売れない、その上天候は梅雨に入り、これから、豆屋としては夏のオフシーズンを迎えます。


売れないのは当たり前で、前からそうした話は嫌というほどお伝えしてある訳ですから、人の話を良く聞いていないのだなという事は一目で分かります。話を聞いていても、多分それを自分なりに解釈しているのだと思います。


それが嫌なら、出来るだけ夏の前に開店しない、出来るだけ、これから売れて来る時期に開店する等の事が大事になるのだと思いますが、だからと言ってどんな季節に開店しても開店して直ぐに売れる豆屋という物はありません。


豆屋は開店して一年がとても大変なのです。だからカフェ講座の時点から、何度も、何度もそれについてはお話ししています。だから、出来れば、余剰の運転資金を出来るだけ借りておいた方が安心だよという話をいつもしています。


こう書くと如何に豆屋が売れないのかと思ってしまう方も多いかも知れませんが、そんな事はありません。去年の秋開店した、奈良の<にしかぜ珈琲豆店>、中板橋の<杉綾珈琲豆店>等は、開店半年で、きちんとした売り上げを作り、会ってお話ししてもとても楽しそうで、自信に溢れています。


IMG_3270.jpg
先日伺った時の、中板橋<杉綾珈琲豆店>の店内。Mさんもとても楽しそうです。


一年経たずにそうなのですから、私としては今年の秋の一年目がとても楽しみです。豆屋が本当に良くなるのは、3年経った時だと思っていますので、3年目はどの位良くなっているのかを考えると結構凄い物があるのではないでしょうか。


ただ、それには焙煎だけではなく、その人の人柄、接客、宣伝等の全てが揃わなければいけない訳ですから、人の話を良く聞いておくことはとても大切です。
スポンサーサイト