ヘッダー画像

プロフィール

nanpou1616

Author:nanpou1616
府中市で27年間、自家焙煎珈琲豆店をやってます。

美味しいコーヒー豆は、良い生豆の選択・適切な焙煎・そしてそれを新鮮なうちに販売するという3つの事が、とても大事です。更にその3つが全て揃っていないと本当に美味しいコーヒー豆は販売出来ません。

当店では、直火5Kの焙煎器で、一釜・一釜丁寧に焙煎したものを、新鮮なうちに販売しております。

又、コーヒー教室・カフェ講座・豆屋の開店指導も随時行っております。

住所:〒183-0055
   東京都府中市府中町2-20-13 
   遠藤ビル1階
TEL&FAX:042-335-5292

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カテゴリ

    
            

リキッドはようやく落ち着きました。

2016/07/17
category - コーヒー
コメント - 0
                         
にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村
クリックしてね。


ここの所、病後の状態では無いと自分で思い込んでいたようで、何かとても疲れる日が多いです。まあ、長岡へ行ったり、プールへ毎日通ったり、毎日映画を観たりしている訳ですから、当たり前と言えば当たり前です。


8月一杯迄は、静養と決めていたわけですから、もう少し静かにしていないといけないのかも知れませんが、私にとっては、静かにしているという事はとても難しい事なので、その辺りを如何するかがこれから、暫くの間、問題かもしれません。


アイスコーヒーリキッドに付きましては、欠品状態から漸く回復し、終売にしてしまった、ケニアリキッド以外は、3種類全て揃っています。これからも、欠品は無い状態が続くとは思います。


1464144647449.jpg
リキッドの在庫状況もようやく落ち着いてきました。


ただ、今年の夏の暑さが気になります。世の中的には猛暑・猛暑と騒いでいるようですので、猛暑が続いた場合、又、リキッドが足りなくなる可能性もあります。この間開店した茗荷谷の<氷川下10番地>では、前回と同じブラジルの2回目を作り、更に、コロンビアリキッドも作ります。という事ですので、凄いなあ、ヤル気だなあと思います。


小さな店の店主は、店が賑わっていなければ、どんどん元気が無くなります。豆屋の場合は、捨てなければならない豆も出てきますので、更に、気持ちは落ち込みます。反対にどんどん売れている店は、店主もどんどん元気になり、『あれ、この人こんなに働く人だったっけ。』という感じになって来ます。


そう意味では人間という物は面白い物です。だからこそ売れる店を作らなければという、私のいつも言っている、『しっかりしたコンセプトを作り、それに沿った素敵なお店を作り、きちんと販促する。』という事が出来なければ、仕事は振るわず、店主はますます元気が無くなってゆくのです。
スポンサーサイト
                                 
                                      

コメント

非公開コメント