FC2ブログ
ヘッダー画像

プロフィール

nanpou1616

Author:nanpou1616
府中市で27年間、自家焙煎珈琲豆店をやってます。

美味しいコーヒー豆は、良い生豆の選択・適切な焙煎・そしてそれを新鮮なうちに販売するという3つの事が、とても大事です。更にその3つが全て揃っていないと本当に美味しいコーヒー豆は販売出来ません。

当店では、直火5Kの焙煎器で、一釜・一釜丁寧に焙煎したものを、新鮮なうちに販売しております。

又、コーヒー教室・カフェ講座・豆屋の開店指導も随時行っております。

住所:〒183-0055
   東京都府中市府中町2-20-13 
   遠藤ビル1階
TEL&FAX:042-335-5292

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カテゴリ

    
            

再びチャンスのドアは開きました。

2018/04/23
category - コーヒー
                         

にほんブログ村
ブログ村ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックして下さると嬉しいです。


昨日は開店指導のKさんから電話があり、本八幡(千葉県)へ出かけました。Kさんは今年の春のカフェ講座を受けて下さり、その一週間後には、開店指導の契約をして下さったお客様です。カフェ講座のお申し込みも一番早かったのを覚えています。


千葉県の船橋から本八幡に掛けてやりたいという事で、店の場所を探していたのですが、一昨日、吉祥寺からの帰り道電話があり、本八幡に物件が出たので、見に来て欲しいというお話でした。私の方も日曜日はお休みと決めていたので、時間はとれました。


午後3時に京成の八幡駅で待ち合わせ、その物件を観にいったのですが、まあ、取り立てて良いという程の物件ではありませんでした。仕方ないので、2人で、<蛍明舎>というカフェに入り、いろいろ話をしました。


IMG_3056.jpg
この白いシャッターの物件は、最初に観た物件です。ここでは無理と判断しました。


<蛍明舎>はこの辺りでは群を抜いて良いカフェです。自家焙煎のフレンチローストをネルで淹れていて、昨日もとても美味しいコーヒーでした。話をしているうちにKさんが、『実はさっきもう一つ貸店舗が出ていました。ただとても小さそうでちょっと無理かと思いました。』という話です。


この素人の方の、ちょっと、というのはなかなか当てにはなりません。(笑い)ちょっと狭い、ちょっと大きい、ちょっと家賃が高い、ちょっと不便、いろいろなちょっとが、あるのですが、観てみない限り何とも言えません。それが、物件を見るという事で、仕事です。


観に行ってみると、まあ凄い良い立地です。入り口から仲が見えましたので、覗いてみると、1K釜なら何とかなりそうです。狭いけれど、店が出来ない狭さではないのです。まだ、契約していないので、余り細かい事は書けませんが、これは、何年に一度かというみっけものです。


直ぐに不動産屋さんに電話し、中を見せて貰いましたが、1K釜のお店なら充分出来そうです。2.8坪でした。消煙機を付けるなら豆を焙煎しても大丈夫という事で、こちらの問題もありません。


家賃を聞いてみるととんでもない高い家賃です。でも、私はここが良いと思いました。(私が思っても仕方ありませんが。笑い)彼も、そう思った様で、帰りがけに2人で興奮しながら帰りました。出来るだけ早く決断します。というKさんの話でした。


例えば、坪当たりの家賃が5倍しても、売り上げが3倍あればその方がずっといい訳ですから、何の問題もありません。その辺りは、なかなか最初お店造る時には分からないかも知れません。


3坪で15万円の家賃は確かに高いですが、10坪で10万円の家賃で売れない場所よりずっといいのは、仕事を始めればすぐにわかる事です。広くて何の得があるのでしょう。カフェを作る訳では無いのです。


取り敢えず、チャンスのドアは開きました。チャンスのドアは自分で開ける事は出来ません。ドアにノブが無いからです。だから、チャンスのドアが開いた時には、黙って真っ直ぐそこに飛び込むしかありません。それには、多分、普段の訓練が必要なのです。

チャンスのドアにはノブが無いとはそういう事です。
スポンサーサイト