ヘッダー画像

プロフィール

nanpou1616

Author:nanpou1616
府中市で27年間、自家焙煎珈琲豆店をやってます。

美味しいコーヒー豆は、良い生豆の選択・適切な焙煎・そしてそれを新鮮なうちに販売するという3つの事が、とても大事です。更にその3つが全て揃っていないと本当に美味しいコーヒー豆は販売出来ません。

当店では、直火5Kの焙煎器で、一釜・一釜丁寧に焙煎したものを、新鮮なうちに販売しております。

又、コーヒー教室・カフェ講座・豆屋の開店指導も随時行っております。

住所:〒183-0055
   東京都府中市府中町2-20-13 
   遠藤ビル1階
TEL&FAX:042-335-5292

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カテゴリ

    
            

ラスト タンゴ を観て来ました。

2016/07/15
category - コーヒー
コメント - 0
                         
にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村
クリックしてね。


昨日は大変でした。大雨の為、線路が冠水したとかいう事で、京王線の新宿駅で電車に乗ったまま30分以上も待っていました。電車が動いてからも、混雑は勿論変わらず、大変なまま仙川まで帰ってきました。あの程度であれだけ大変なのですから、九州等は大変だろうと思います。


今日も、似たような感じの天候かもしれません。


ここのところ映画を2本見ました。<インデペンスデイ・リサージェント>と<ラスト・タンゴ>です。<インデペンスデイ・リサージェント>は前回とても面白かったので見に行きましたが、今回も出来はなかなか良かった様に思います。


もう一本の<ラスト・タンゴ>は、ビム・ベンダースの監修によるタンゴの映画です。86歳と83歳のタンゴダンサーの話なのですが、2人の回想と、ブエノスアイレスの夜景が何度もオーバラップして、素敵な映画でした。


355974_001.jpg
雨の夜。


何故か、全体のイメージは<ブエナビスタ・ソシアルクラブ>に良く似ていました。ビム・ベンダースだから、それは当たり前かもしれません。

355974_004.jpg
タンゴに全てを賭け。


私は、ダブルのスーツがあんなにかっこよく着られるのはどうしてだろうと同時に思いました。今年の秋頃から、ダブルのスーツを着た男が増えるかもしれません。スーツ姿の男というのは素敵な物です。


昨日は開店指導のYさんが、オフイスにお見えになりました。会社はもう一ヶ月前に退職され、いよいよ本腰を入れ開店の準備に入りたいという事です。山手線の上野から、赤羽付近まででお店を探すのですが、私も出来るだけ良い立地が見つかる様にお手伝いしたいと思います。
スポンサーサイト
                                 
                                      

コメント

非公開コメント