ヘッダー画像

プロフィール

nanpou1616

Author:nanpou1616
府中市で27年間、自家焙煎珈琲豆店をやってます。

美味しいコーヒー豆は、良い生豆の選択・適切な焙煎・そしてそれを新鮮なうちに販売するという3つの事が、とても大事です。更にその3つが全て揃っていないと本当に美味しいコーヒー豆は販売出来ません。

当店では、直火5Kの焙煎器で、一釜・一釜丁寧に焙煎したものを、新鮮なうちに販売しております。

又、コーヒー教室・カフェ講座・豆屋の開店指導も随時行っております。

住所:〒183-0055
   東京都府中市府中町2-20-13 
   遠藤ビル1階
TEL&FAX:042-335-5292

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カテゴリ

    
            

1K釜は有利です。

2018/04/14
category - コーヒー
                         

にほんブログ村
ブログ村ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックして下さると嬉しいです。


今日は曇りです。何となく冴えない土曜日ですが、夜には雨になり、雨は、明日朝まで残りそうです。


昨日、東十条のマニュアル作りが終わる筈でしたが、ちょっと煙突の問題があり、昨日はマニュアル作りを見送りました。4月末の開店は遅れるかも知れません。


作夜、奈良の大和焙煎<桜珈琲>に電話しました。開店日から一週間の記念セールが終わった日でしたので、その結果を聞く為です。流石に、初日・2日目の様な勢いは無かった様ですが、それでも無事に終了しました、という事でこちらも安心しました。


IMG_2914.jpg
奈良の<桜珈琲>で焙煎するSさん。大分慣れて来たのだと思います。


仕事はこれからが本番ですので、奥様と二人で頑張って欲しいものです。近いうちに、大阪富士ローヤルの焙煎機のメンテナンス研修があるようで、そちらも出席します。というお話でした。


今朝、奈良のもう一軒の開店指導店<にしかぜ珈琲豆店>のSさんにも電話しました。Sさんは今、アイスコーヒーリキッドの豆を焙煎していて、今日中には終わると言っていましたが、何しろ1K釜ですので、40釜近くの焙煎になりますので大変です。


東京の場合は、1K釜のお店の方は、うちの焙煎機を使ったりしますが、奈良だとそれも出来ません。大阪の富士ローヤルでも焙煎機を貸したりしていますが、今回は、味の面も含め取り敢えず自分のお釜でやってみますというお話でした。


販売する物以外に40釜近くを焙煎するというのは大変ですが、一週間近く掛けて焙煎したようです。そうした意味では1K釜は大変ですが、東十条の話も含め、1K釜の有利さは際立っているように思えます。


煙も臭いも3K・5Kに比べ、勿論少ないですし、売れない初期の大きな問題である、古い豆をどうするかという問題にも、そんなに不安はありません。更に、開店時の資金もうんと楽になりますので、開店出来る方も多くなる様な気がします。


今回、とても良い物件が見つかったIさんの入谷の物件にしても、1K釜でなければ、とてもいではないが、大家さんも首をたてに振らなかったと思いますので、そこでも1K釜の有利さは、充分発揮出来たと思います。


IMG_2923.jpg
入谷のIさんのお店。ここも直火1K釜です。


売れて来た時どうするのという問題はいつでもありますが、私は、売れて来たお店は何でも出来るというのが持論ですので、売れて来たお店は、その時、焙煎機を買い替えるなり、何処かに焙煎出来る場所を借りるなり、何でも出来るのではないかと思います。


売れて来る前に、先の事を幾ら心配しても、売れる前に問題が起ったり、又、売れてこなければ、それまでですので、小さな店をやる人間は、取り越し苦労ばかりしていても、得る事は余り無いというのが、小さな店を30年やってきた、私の考えです。


その時、一番良い方法を選ぶというのが、とても大事です。
スポンサーサイト