ヘッダー画像

プロフィール

nanpou1616

Author:nanpou1616
府中市で27年間、自家焙煎珈琲豆店をやってます。

美味しいコーヒー豆は、良い生豆の選択・適切な焙煎・そしてそれを新鮮なうちに販売するという3つの事が、とても大事です。更にその3つが全て揃っていないと本当に美味しいコーヒー豆は販売出来ません。

当店では、直火5Kの焙煎器で、一釜・一釜丁寧に焙煎したものを、新鮮なうちに販売しております。

又、コーヒー教室・カフェ講座・豆屋の開店指導も随時行っております。

住所:〒183-0055
   東京都府中市府中町2-20-13 
   遠藤ビル1階
TEL&FAX:042-335-5292

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カテゴリ

    
            

東十条<ひとつぶ珈琲>豆店の、焙煎マニュアル作りが始まりました。

2018/04/12
category - コーヒー
                         

にほんブログ村
ブログ村ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックして下さると嬉しいです。


昨日から、京浜東北線<東十条駅>のYさんのお店の焙煎マニュアル作りが始まりました。
Yさんは3年程前、開店指導を受けて下さり、それから、店へ焙煎練習に通い、今回、開店の運びとなりました。


気に入った店舗がなかなか見つからず、長くなってしまいましたが、うちの開店指導ですと、開店迄3年間位掛かってしまう方も、別に珍しくはありません。理由はいろいろで、なんとも言えないところですが、うちとしては別に構いませんが、やる方のモチベーションが落ちてしまうのだけが心配です。


ただ、基本的には皆さん何とか開店します。今年の春開店する5軒のうち、2軒は3年以上いた方になります。そうした意味では、うちの開店指導は、結構融通が効くと思っています。


Yさんの店は、<東十条駅>の上野寄りの出口から出て、改札口を背に左側の方向に坂を下り(改札口は一番高い所にあります。)、坂を下りたところの交差点の所にあります。毎日人が並んでいる和菓子屋さんのはす向かいですので、すぐ分かります。


IMG_2948.jpg
ここは行く度に必ず人が並んでいます。凄い。


店名は<ひとつぶ珈琲>店となります。住所は東京都北区東十条2-5-6 1Fです。

IMG_2951.jpg
真ん中がひとつぶ珈琲です。

 
富士ローヤル直火3Kの焙煎機に。韓国製のアフターバーナーが付いています。アフターバーナー付きは初めてなので、どうなるか心配でしたが、まあ、特別変わった事はありません。普通に焙煎出来ました。


IMG_2973.jpg
焙煎しているのはYさん。太い煙突の下がアフターバーナーの本体です。


今日・明日と焙煎マニュアル作りに伺い、開店は4月下旬の予定です。


午後は、先日メールで、開店指導のオファーを下さったIさんと、調布のアフタヌーンティーでお会いしました。Iさんとは一回のメールだけで、お互いにまだ何も分からなかったのですが、いろいろお話し、こちらの開店指導の概要は分かって頂けたのではないかと思います。


私の方もIさんの現況をいろいろお聞きし、お互いに大体の事は分かったのではないかと思います。先がどうなるかという事は分かりませんが、自分の事を良く話し、相手の話を良く聞き、相手の事を理解しようとしない限り、何も始まりません。


仕事を始める時は、大変な時ですが、又、一番楽しい時なのではないかとも思います。
スポンサーサイト