ヘッダー画像

プロフィール

nanpou1616

Author:nanpou1616
府中市で27年間、自家焙煎珈琲豆店をやってます。

美味しいコーヒー豆は、良い生豆の選択・適切な焙煎・そしてそれを新鮮なうちに販売するという3つの事が、とても大事です。更にその3つが全て揃っていないと本当に美味しいコーヒー豆は販売出来ません。

当店では、直火5Kの焙煎器で、一釜・一釜丁寧に焙煎したものを、新鮮なうちに販売しております。

又、コーヒー教室・カフェ講座・豆屋の開店指導も随時行っております。

住所:〒183-0055
   東京都府中市府中町2-20-13 
   遠藤ビル1階
TEL&FAX:042-335-5292

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カテゴリ

    
            

そして、再びの春。

2018/04/10
category - コーヒー
                         

にほんブログ村
ブログ村ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックして下さると嬉しいです。


昨日は吉祥寺の不動産屋さんで、壁のクロスの選定をしました。その後、Iさんの店舗を見に行く約束になっていましたので、上野へ出て、日比谷線の入谷へ向かいました。Iさんと会って地上へ出ましたが、大きな交差点の直ぐ傍にその店舗はありました。


IMG_2937.jpg
このビルの1階です。8坪位。


隣に大きな美味しそうなパン屋さんがあり、そのパン屋さんと、細い道を一本挟んだ所にその物件はありました。6階建てのビルの一階で、私から見たら、豆屋をやるのに、これ以上の物件は無いのではないかと思う様な場所です。


Iさんがこの物件を見つけてから、一週間以上が経っていましたが、ガスを使う事に大家さんが難色を示していたようで、なかなか話は進みませんでした。不動産屋さんが動いて下さり、大家さんも1K釜でのガスの火を使った焙煎を認めてくれたようです。


それが昨日の午前中でしたので、夕方、入谷でIさんと会い、物件を確認しました。多分私が開店指導を始めてから、今までで一番良い物件だと思います。人も多く歩いていますし、車も勿論多いです。その上、隣が有名なパン屋さんですので、お客さんへのアピールは相当あると思います。パンにコーヒーは付き物です。


IMG_2935.jpg
パン屋さんの先にお店があります。


その上、下町とは言え、良さそうなバーもある様な場所ですので、立地としては、何の問題もないどころか、これ以上の立地はなかなか無いのでは思える場所です。


ここのところ、何度も書きますが、仕事は、場所でやるものでは無いというのが、私の持論です。しかし、良い場所の方が良いのは、誰が考えたって当たり前です。


この物件がアットホーム賃貸に出されたのは、Iさんによれば一月前位ですが、どうして今まで空いていたのかが不思議です。ただ、7~8坪位なので、飲食店をやるのにはちょっと狭いというのがあったのだと思います。そうした意味では、豆屋は立地の選定にも有利さが働きます。


2人で御徒町に戻り、私の好きな<珍満>で、餃子でもと思ったのですが、一昨日来たばかりなのと、ゆっくり話をするのには不向きなので、御徒町駅前のユニクロの最上階の飲食店のフロアーの、一番奥にある、麻婆豆腐と餃子のお店で、2人で飲みました。


ここは一人で、昼間飲むのにもとても向いています。そこで2時間、おおきな声でああでもない、こうでもないと2人で散々しゃべりました。迷惑なお客です。御免なさい。


私は、今日、吉祥寺の店の鍵を貰いに、吉祥寺へ行きます。これから3週間で開店です。


明日からは、東十条のYさんのお店のマニュアル作りも始まります。今年、5軒目のお店のマニュアル作りになります。


その間、お話の有った2人のお客様と水曜・月曜とお会いして、進められるようなら話を進めます。私としては、再びの春と言う様な気持ちがする毎日になりました。


注:今回のブログの題名は、<そして再びの冬>という軒上泊さんの小説と、<そして再びの荒野>という北方謙三さんの小説の題名から頂きました。どちらも私の大好きなハードボイルド小説です。
スポンサーサイト