ヘッダー画像

プロフィール

nanpou1616

Author:nanpou1616
府中市で27年間、自家焙煎珈琲豆店をやってます。

美味しいコーヒー豆は、良い生豆の選択・適切な焙煎・そしてそれを新鮮なうちに販売するという3つの事が、とても大事です。更にその3つが全て揃っていないと本当に美味しいコーヒー豆は販売出来ません。

当店では、直火5Kの焙煎器で、一釜・一釜丁寧に焙煎したものを、新鮮なうちに販売しております。

又、コーヒー教室・カフェ講座・豆屋の開店指導も随時行っております。

住所:〒183-0055
   東京都府中市府中町2-20-13 
   遠藤ビル1階
TEL&FAX:042-335-5292

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カテゴリ

    
            

『チャンスのドアにはノブがない。』

2018/03/21
category - コーヒー
                         

にほんブログ村
ブログ村ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックして下さると嬉しいです。


今日は寒くなりそうです。朝テレビで観ましたが、箱根の芦ノ湖は吹雪でした。この悪天候は明日の朝まで続き、それが終わると東京に本当の春が来るのでしょう。桜は早い所ではもう相当咲いています。


昨日は、調布市役所に、吉祥寺の店舗契約の為の住民票や印鑑証明書を取りに行きました。その帰りに映画を観ました。調布も映画館が出来て、とても便利になりました。


以前から観ようと思っていた、<ちはやぶる・結び>をみましたが、これがとんでも無い傑作でした。今年になって、私が観た映画の中では、多分一番良い映画です。女子高校生向けのお遊び映画ではありません。


1616.jpg


私は広瀬すずが大好きで、彼女の出る映画は出来るだけ観るようにしていますが、元気の良い、生き生きとした、若い、可愛いい女性としての広瀬すずは、稀にしか出ない女優さんの様に思えます。


今回の<ちはやぶる>は前2作を、大きく凌ぐ青春映画の代表作なのではないかと思います。


今回は映画の中に出て来る幾つかの言葉が特に素晴らしかったです。千早の先生が、千早に言う『チャンスのドアにはノブが無い。』という言葉もとても素敵です。


チャンスのドアは自分で開ける事は出来ない、ただ、何かでそのドアが開いた時には、真直ぐそこに飛び込む勇気が無ければ、人生は変わって行かない。多分そういう事だと思うのですが、私にはとても良く分かります。


私にとって今回の吉祥寺のお店の件は、私にはチャンスのドアが開いた時の様に感じられます。飛び込む事以外を考えてはいけなかったのだと思っています。上手く行くか行かないかは何時だって誰にだってわかりません。


ただ、チャンスのドアが開いた時には、これからもいつでも飛び込める様に、自分の心を鍛えておかなければならない様な気がします。それはいくつになっても変わりません。
スポンサーサイト