ヘッダー画像

プロフィール

nanpou1616

Author:nanpou1616
府中市で27年間、自家焙煎珈琲豆店をやってます。

美味しいコーヒー豆は、良い生豆の選択・適切な焙煎・そしてそれを新鮮なうちに販売するという3つの事が、とても大事です。更にその3つが全て揃っていないと本当に美味しいコーヒー豆は販売出来ません。

当店では、直火5Kの焙煎器で、一釜・一釜丁寧に焙煎したものを、新鮮なうちに販売しております。

又、コーヒー教室・カフェ講座・豆屋の開店指導も随時行っております。

住所:〒183-0055
   東京都府中市府中町2-20-13 
   遠藤ビル1階
TEL&FAX:042-335-5292

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カテゴリ

    
            

昨日は茗荷谷のKさんの店に行きました。

2016/04/08
category - コーヒー
コメント - 0
                         
昨日は、日中激しい雨でしたが、予定通り茗荷谷のKさんの店に行きました。Kさんは自分のビルの一階で自家焙煎珈琲豆店をやる事になっています。 去年開店する予定だったのですが、いろいろな事があり、今年の開店になってしまいました。


ただ、Kさんの場合、他の開店指導の人達とは違い、ずっと、自営業をいろいろな業種でやってきましたので、多分、焙煎が出来る様になった現在、余り営業に対する心配は無い様な気がします。  
 

そうした意味では、私の出る幕は余り無さそうですが、そうは言っても店を一軒作る事はとても大変な事ですので、それなりに大変だとは思います。


昨日は、焙煎機の設置に関する最後の打ち合わせという事で、H社のOさんともお会いしました。若いのにいつも感じの良いOさんは、昨日も丁寧にKさんとお話ししていました。焙煎機の設置については無事きまりました。


今日Kさんから入った情報では設置日は6月8日という事ですので、丁度2か月掛かります。F社の場合、大量生産では無く、右操作、左操作という事も含め、手作りに近い感じでしょうから、その位は仕方無いかも知れません。


Kさんの店について言えば、内外装は、以前の雑貨屋さんを、そんなに直さなくてもできそうですから、大工事はファサードだけになりそうです。棚もそのまま使えそうですので、後は販売用のカウンターが必要になって来ます。


6月の中頃には開店出来るのでは無いかと思います。それまでに、私は焙煎マニュアル作成の為、何回かお邪魔する事になります。

コーヒー豆屋の開店としては、6月は決して良い月とは思えませんが、去年の2軒の開店も(初台のホサキン工房、下北沢の南乃珈琲船)も結局6月でしたので、どいう巡りあわせか分かりませんが、今年も6月の開店が多くなりそうです。
スポンサーサイト
                                 
                                      

コメント

非公開コメント