ヘッダー画像

プロフィール

nanpou1616

Author:nanpou1616
府中市で27年間、自家焙煎珈琲豆店をやってます。

美味しいコーヒー豆は、良い生豆の選択・適切な焙煎・そしてそれを新鮮なうちに販売するという3つの事が、とても大事です。更にその3つが全て揃っていないと本当に美味しいコーヒー豆は販売出来ません。

当店では、直火5Kの焙煎器で、一釜・一釜丁寧に焙煎したものを、新鮮なうちに販売しております。

又、コーヒー教室・カフェ講座・豆屋の開店指導も随時行っております。

住所:〒183-0055
   東京都府中市府中町2-20-13 
   遠藤ビル1階
TEL&FAX:042-335-5292

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カテゴリ

    
            

イタリアにもスタバが出店するようです。

2018/01/09
category - コーヒー
                         

にほんブログ村
ブログ村ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックして下さると嬉しいです。


今日は再び好天に戻ります。その上、4月位の暖かさという事ですので、一日だけの春を楽しむ為、外へ出た方が良いかも知れません。明日からは又、寒さが厳しくなるのだと思います。


昨日は、珍しくイタリアにスタバが出店する話をテレビが特集していました。イタリアにはバールというのが沢山あり、その街の人達に、余りに根付いている為、スタバは出店をためらっていたというのが、イタリアにスタバが無かった原因なのだと説明していました。


IMG_2132.jpg
日本の何処にでもスタバはあります。これは安芸の宮島のスタバ。


確かに美味しいエスプレッソを200円もしないで飲める場所(確か170円前後だったと思います。)があればスタバの出店は難しいかも知れません。


ただ、若い人も多く、新しい物が好きな人は世界の何処にでもいるでしょうから、スタバがやっていけなくは無いと思います。観光客も多いでしょうから、慣れたお店に入りたいお客も多いかもしれません。


でも私はつまらないと思います。たいして美味しくも無いコーヒーを高いお金を出して飲むより、美味しいエスプレッソを安く飲む方が良いに決まっています。スタバはスタイルでやってきた訳ですから、スタイルの新しさが魅力を持たなくなれば、そんなに優れたコンセプトで無いのは誰がみても明らかです。


日本の場合は、イタリアのバールに匹敵するようなコーヒーやコーヒー店の味も、スタイルも無かった訳ですから、スタバはとても店を増やし易かったのではでは無いかと思います。イタリアでそれが本当に上手く行くのかどうか、とても興味があります。


そうした意味では是非一度、イタリアのバールを訪ねてみたいものです。
スポンサーサイト