FC2ブログ
ヘッダー画像

プロフィール

nanpou1616

Author:nanpou1616
府中市で27年間、自家焙煎珈琲豆店をやってます。

当店では、直火5Kの焙煎器で、一釜・一釜丁寧に焙煎したものを、新鮮なうちに販売しております。基本的には煎りの深い・フレンチロースト・シティローストを中心に販売しています。

現在はカフェ講座・豆屋の開店指導を沢山行っております。2018年は全国に10軒の開店指導による豆屋が開店いたしました。カフェ講座は季節ごとに開催しておりますが、開店指導のお客様はカフェ講座以外からも沢山オファーがありお会いして、お話ししています。

店のホームページ・電話・或いはEメール等でご連絡頂ければいつでも出かけて行きお話しをさせて頂きます。宜しくお願い致します。

住所:〒183-0055
   東京都府中市府中町2-20-13 
   遠藤ビル1階
TEL&FAX:042-335-5292

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カテゴリ

    
            

お店新聞11月号発刊しました。

2017/11/15
category - コーヒー
                         

にほんブログ村
ブログ村ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックして下さると嬉しいです。


昨日は喜んだ割に天候は悪くなりました。なかなか上手くは行かないものです。今日は大丈夫だと思います。


先月から発行を始めた<南方郵便機 お店新聞>の11月号が出来ましたので、アップさせて頂きます。今回は、コーヒー豆の保存について書きました。保存については一般的な見解と大分異なっているかもしれませんが、店ではいつもこうやって説明しています。


珈琲フレンチ倶楽部  南方郵便機お店新聞2017年11月号


こんにちは、南方郵便機の高橋です。毎週日曜日になると台風が来るという、良く分からない天候が続くうちに10月も終わりました。気づいてみると皆コートを着ていて、今年は、夏→嵐→冬という面白い気候の変化になりました。


私は開店指導のマニュアル作りに奈良へ行き、どうやら無事仕事を終え、帰ってきました。奈良も京都も、人で、一杯で、流石に古都の秋の観光客の凄さは、想像よりも凄いと感じました。


奈良・香芝市の<にしかぜ珈琲豆店>も無事11月11日に開店し、お客様で賑わっています。ここも1K釜のお店で、近鉄下田という駅から。徒歩2分位の場所にあります。お近くの方がいらしたら、ご紹介下さい。



◎今日はコーヒー豆の保存についてのお話です。


コーヒー豆の保存については、いろいろな情報が散乱し、皆さん良く分からなくなっているのでは無いかと思います。一番大切なのは、今までは、古い豆をどうやって保存するかという保存の方法が一般的に言われてきましたので、冷凍保存、冷蔵保存がベストの様に言われてきました。


ところが、自家焙煎コーヒー豆店が増え、今度は焙煎したばかりの豆をどうやって保存するかが問題になって来ています。焙煎したての豆は、どんな深いフレンチロースト(深煎り)でも、どこか軽みがあり、それをどんなに濃く淹れても、何処かに柔らかな美味しさを感じるというふうになっているのだと思います。


冷蔵庫や冷凍庫に入れてしまうと、その柔らかさはたちまち消えてしまいます。ですから、買ってきたばかりの豆を、冷蔵庫や冷凍庫に入れてしまうとたちまち重い味になってしまいます。


ただ、自家焙煎店といってもいろいろなので、取り敢えず、当店で買って下さった豆は(笑い)、瓶や缶に入れて常温でそのまま保存し、10日前後経ったら、冷蔵庫や冷凍庫に入れてしまえば良いのだと思います。

1418905723224 - コピー
お馴染みの当店のストック缶です。


大手のコーヒー豆店の豆は新しい物は殆どありませんので、買ってきたら、そのまま冷蔵庫や冷凍庫に入れてしまえば良いのだと思います。


これから自家焙煎店が増えて来ると思いますがますが、コーヒー豆の保存一つを取っても新しい豆の保存と、古い豆の保存にはこれくらい差があるのです。


◎今年最後のカフェ講座を開催致します。


12月2日土曜日に第一回 カフェと豆屋の違い。
12月9日土曜日に第二回 自分の店を作るには。


場所は新宿キャラメルカフェとなります。
受講料は2日間通し、6,480円、どちらか一日のみ4,320円となります。
詳しくは南方郵便機ホームページ、又は店頭でお尋ね下さい。
スポンサーサイト