ヘッダー画像

プロフィール

nanpou1616

Author:nanpou1616
府中市で27年間、自家焙煎珈琲豆店をやってます。

美味しいコーヒー豆は、良い生豆の選択・適切な焙煎・そしてそれを新鮮なうちに販売するという3つの事が、とても大事です。更にその3つが全て揃っていないと本当に美味しいコーヒー豆は販売出来ません。

当店では、直火5Kの焙煎器で、一釜・一釜丁寧に焙煎したものを、新鮮なうちに販売しております。

又、コーヒー教室・カフェ講座・豆屋の開店指導も随時行っております。

住所:〒183-0055
   東京都府中市府中町2-20-13 
   遠藤ビル1階
TEL&FAX:042-335-5292

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カテゴリ

    
            

熱海で店をやる場合。

2017/11/04
category - コーヒー
                         

にほんブログ村
ブログ村ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックして下さると嬉しいです。


昨日熱海から帰って来ました。メールを下さったのは、やはり以前、府中店に来て下さっていたHさんでした。とても元気そうで、熱海駅2階の、和風のカフェでお話しました。奥さんも来ていらして、お二人で熱心に話を聞いて下さいました。


旦那さんは、そのままお勤めを続け、奥さんが熱海で豆屋をやりたいというお話で、いろいろお話させて頂きました。


熱海で豆屋をやる場合2つのパターンが考えられます。一つは、自家焙煎のカフェを、駅に近いところに作り、観光客の方に飲んで貰い、美味しければ、お土産として豆を購入してもらう場合です。


もう一つは、街の何処かに、豆屋を作り、熱海に住んでいる方に豆を買ってもらう場合です。


前者のカフェ付の場合は、まず開店費用が多額になります。多分、2000万円以上はみなければならないのでは無いかと思います。更に、そうした物件が本当に見つけられるかも、分かりません。そして、必ず、人を何人か使わなくてはなりません。


後者の、街の豆屋に付きましては、1K釜なら、総額で、500万円位で出来てしまいます。小さな物件ですので、物件も見つけやすいです。更に、売り上げが毎月100万円位までは一人で営業できます。


Hさんご夫婦も、納得頂いた様で、取り敢えず豆屋をやります。というお話になりました。直ぐに習いはじめたいという事で、翌日、Hさんの家で、更にお話を詰め、11月11日からお二人で習いに来られることにきまりました。


IMG_1888.jpg
一泊した四季倶楽部・熱海海望館のエントランス。熱海の海一望です。夕食の時飲んだ、ニュージーランド産のスパークリングワインがとても美味しかったです。


Hさんの家は熱海の高台にあります。三井不動産の別荘地内という事で、熱海の海が一望出来、温泉も引かれていました。ご主人は東京迄、新幹線通勤で、駅までは、奥さんの車での、送り向かい付という事で、皆が憧れる生活になっています。


これでお店が上手く行けば、本当に素敵な人生になるのでは無いかと思います。頑張って下さい。


昨日も、カフェ講座のお申込みがあり、カフェ講座も残席は少なくなってきています。また、昨夜も、開店指導のオファーを頂き、カフェ講座、開店指導につきましては、11月になり一挙に動き始めました。私としてはとても嬉しい秋になりました。
スポンサーサイト