FC2ブログ
ヘッダー画像

プロフィール

nanpou1616

Author:nanpou1616
府中市で27年間、自家焙煎珈琲豆店をやってます。

当店では、直火5Kの焙煎器で、一釜・一釜丁寧に焙煎したものを、新鮮なうちに販売しております。基本的には煎りの深い・フレンチロースト・シティローストを中心に販売しています。

現在はカフェ講座・豆屋の開店指導を沢山行っております。2018年は全国に10軒の開店指導による豆屋が開店いたしました。カフェ講座は季節ごとに開催しておりますが、開店指導のお客様はカフェ講座以外からも沢山オファーがありお会いして、お話ししています。

店のホームページ・電話・或いはEメール等でご連絡頂ければいつでも出かけて行きお話しをさせて頂きます。宜しくお願い致します。

住所:〒183-0055
   東京都府中市府中町2-20-13 
   遠藤ビル1階
TEL&FAX:042-335-5292

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カテゴリ

    
            

<スモールビジネスとしての豆屋>を始めたくはないですか。

2017/10/21
category - コーヒー
                         

にほんブログ村
ブログ村ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックして下さると嬉しいです。



今日・明日が雨の中心です。今晩から明後日(月曜日)の朝に掛けて東京の雨は、一番激しくなりそうですが、選挙当日という事で、いろいろ大変かも知れません。


今日はカフェ講座<豆屋>のご案内と開店指導の説明です。12月2日(土)・12月9(土)の2日間新宿のキャラメルカフェという所で、カフェ講座<豆屋>を開催します。今回は小さな会場で(いつも小さいですが(笑い))、8名様限定でやりますが、内容は日本のカフェの現状と、豆屋の作り方の話になります。


カフェ講座<豆屋>は年に何回か開講していて、今回は今年4度目の開講となります。カフェ講座から、当店の開店指導まで進んで下さる方はけっこういらっしゃいます。カフェ講座からと、カフェ講座を通さずに直に開店指導のオファーを下さる方の割合は、大体半々です。


当店の開店指導は、焙煎指導ではありません。長く開店指導をしてきて、この頃はっきり分かって来たのは、焙煎指導をしている所はとても多いが、開店指導をしている所はとても少ないという事です。


更に、はっきりしてきたのは、私がやろうとしているのは、スモールビジネスとしての小さな豆屋を作るお手伝いだという事です。


きっと、それがはっきり言葉にできなかったので、いろいろな問題が、私の中で、解決できなかったのだと思います。1K釜を使った豆屋を、今年は6軒開店し、そのお手伝いをさせて頂きました。来年も多分それと同じ数位の開店はあるように思います。


何百万・何千万円掛けて、大きな珈琲店を作っても、大半は失敗していくような気がします。その程度には、珈琲の仕事は難しいのだと思っています。勿論、100軒に1軒位は上手く行くお店も出て来るとは思いますが、その確率は、仕事というにはあまりにも小さい様な気がします。


私が考えているのは、運転資金を100万円位みても、総額600万円位で開店できる仕事です。実際の開店資金は500万円という事に出来れば、取り敢えずどうにかなるのでは無いかと思っています。


そのうち半分は、公的機関や、金融機関から借入するのが普通ですから、手持ちの資金が300万円あればどうにか開店出来るというのが、開店資金に関する私のイメージです。


豆屋の場合、一人で営業出来るのが、一番の強みですので、人を使わずに、ひとりで小さな店を営業し、一人一人、常連さんを作っていくのは、そうした事が好きな人には堪らない喜びです。


豆に関しては、1K釜で本当に美味しい豆が焙煎出来る方法を教えていますので、何の心配もありません。それは当店の珈琲豆で淹れたコーヒーを飲んで頂ければ、直ぐに分かります。


IMG_1521.jpg
今年9月に開店した、中板橋<杉綾珈琲豆店>です。お客様は増えています。


地方都市での開店が増えているのも、近頃の特徴です。新潟県長岡市、長野県塩尻市、そして奈良県にも間もなくお店が開店致します。地方都市で仕事を創りたい方にも最適な仕事になって来ると思います。


カフェ講座ではそうした内容を、いろいろな角度から、説明して行きます。今回はまだ余裕がありますので、お申込みをお待ちしております。


お申込みは、このページの開店指導のリンクの所から、


或いは、Eメール tempo@nanpouyuubinki.com

或いは府中店の電話 042-335-5292

申込み下さい。

人生が変わる2日間になると思います。
スポンサーサイト