ヘッダー画像

プロフィール

nanpou1616

Author:nanpou1616
府中市で27年間、自家焙煎珈琲豆店をやってます。

美味しいコーヒー豆は、良い生豆の選択・適切な焙煎・そしてそれを新鮮なうちに販売するという3つの事が、とても大事です。更にその3つが全て揃っていないと本当に美味しいコーヒー豆は販売出来ません。

当店では、直火5Kの焙煎器で、一釜・一釜丁寧に焙煎したものを、新鮮なうちに販売しております。

又、コーヒー教室・カフェ講座・豆屋の開店指導も随時行っております。

住所:〒183-0055
   東京都府中市府中町2-20-13 
   遠藤ビル1階
TEL&FAX:042-335-5292

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カテゴリ

    
            

 焙煎はどうやって教えているの。

2017/10/01
category - コーヒー
                         

にほんブログ村
ブログ村ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックして下さると嬉しいです。


今日から10月入りです。昨日から気温も下がり、秋の気配が濃くなってきました。


店の30%OFFセールは今日迄です。皆様のご来店をお待ちしています。


昨日は、店のポイントカードについてお話しました。開店指導に関係のない店のお客様にも当店のポイントカードがどうなっているのかが、分かって頂けたかと思います。そうした事の告知はなかなか難しく、うちのお客様も分からなかった事が多いかも知れません。


これから、店のお客様に、店の新聞を作ってお渡しする案も考えています。ポイントカードの件等も、そうしたところでお伝えして行かなければいけないと思っています。1ヶ月に一度か二度、発行し、お渡し出来れば良いと思っています。


今日は、開店指導を受けた方がどうやって焙煎をならっているのかについてお話してみます。


焙煎の練習は、普通の方(まだ開店時期が決まっていない方、又は三か月以上先に開店が決まっている方)は、一週間に一度店へ来て頂いて、三時間で四釜焙煎して頂くのが一応の決まりです。豆代は掛かりません。


教え方はうちの奥さんが教えます。まず、うちの奥さんが焙煎する様子を、後ろで、何日か見て頂きます。その次に、だんだん、ご自分が前へいきやって頂くようになるのですが、大事な所は、まだ、奥さんがやります。


そして、それが、分かって来たと思えるところで、一人で焙煎して頂きます。その時も後ろで奥さんがみています。そして、だんだん奥さんは後ろにもいなくなり、一人で焙煎して貰います。


うちの奥さんの教え方はとても好評です。


焙煎した豆は四種類全てを40gずつ袋に入れて持ち帰って貰い、翌週までに自宅で試飲してもらいます。どんな味になっているかは、その時はっきり分かります。


最終的には、店が出来てから、私が店へ伺い、三日間で焙煎マニュアルを作ります。うちの店で練習してきた事がこの時から全て役に立ちます。

IMG_1591.jpg
中板橋の<杉綾珈琲豆店>での、オーナー松橋さんの焙煎の様子。彼は焙煎はとても上手。


ただ、府中店のお釜は、富士ローヤル、直火5K釜です。近頃、私が勧めているのは1K釜ですので、焙煎は基本的に同じですが、まあ、慣れないと大変というところもありますので、1K釜の焙煎練習を一か月に一度位、取り入れます。場所は、開店指導を受け開店したお店を借りてやりたいと思っています。この時は私が教えます。


今回は、中板橋の<杉綾珈琲豆店>で、8日(日)・15日(日)の二日間、現在開店指導を受けている方に向けて行います。もし、その様子が見たい方がいらっしゃれば、ご連絡頂ければ、様子を見て頂く事は可能です。


店の電話 042-335-5292、或いはホームページ、或いはEメール
tempo@nanpouyuubinki.com
迄、ご連絡下さい。ご返事を差し上げます。
スポンサーサイト