ヘッダー画像

プロフィール

nanpou1616

Author:nanpou1616
府中市で27年間、自家焙煎珈琲豆店をやってます。

美味しいコーヒー豆は、良い生豆の選択・適切な焙煎・そしてそれを新鮮なうちに販売するという3つの事が、とても大事です。更にその3つが全て揃っていないと本当に美味しいコーヒー豆は販売出来ません。

当店では、直火5Kの焙煎器で、一釜・一釜丁寧に焙煎したものを、新鮮なうちに販売しております。

又、コーヒー教室・カフェ講座・豆屋の開店指導も随時行っております。

住所:〒183-0055
   東京都府中市府中町2-20-13 
   遠藤ビル1階
TEL&FAX:042-335-5292

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カテゴリ

    
            

FC2ブログ 内外装はどうするの。

2017/09/26
category - コーヒー
                         

にほんブログ村
ブログ村ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックして下さると嬉しいです。


home_map.jpg
只今30%OFFセール中です。10月1日(日)迄やってます。


今日は好天で、暑そうです。なかなか秋にはなりません。昨日も結局クーラーが必要な日になりました。木曜日に雨が降った後、秋が来るのかも知れません。


今日は、店を作る時の内外装費のお話です。


この間、Sさんの内装費について、内装はとても安く上がりそうです、と書きました。金額までは失礼になるので、書けませんが、内・外装費は店を作る時、とても大切な、又、お金が沢山かかる部分です。


全てを自分でやる場合は何の問題もありませんが、いざとなると道具もありませんし、難しい問題もいろいろ出て来ます。大抵は内外装の業者さんを頼む事になります。


うちでは、紹介する内外装業者はありません。そうした業者を指定すると必ず、その間におかしな関係が発生し、不分明になるのが分かっているからです。内外装は、私が見ても、どうしてこんないお金が掛かるのというのもあれば、どうしてこんなに安いのというのもあります。


勿論、出来映えもあるのですが、基本的には焙煎機の様な製品と違い、定価はありません。個別に発生する金額ですので、坪幾ら等と言うのは、大まか建前にすぎません。幾ら、内訳の書類を見ても、素人に分かる訳ではありません。


しかし、うちの場合、店をつくる方は、皆素人ですので、結局、良く分からないまま、そこに発注することになってしまいます。


うちでは、今年の春からそれが変わってきました。ネットで業者を探すサイトが見つかったからです。<内外装ドットコム>というサイトですが、ここに自分の条件を書き込む欄があり、そこに条件を書き込んでおくと、その条件でやってみようという業者が連絡してきます。


結構沢山くるようですので、その中から、3,4軒の業者を選び、一軒、一軒会ってお話します。見積書を見ながら、最終的に一軒を選ぶという事になります。


価格は相当違うので、驚くかも知れません。例えば、一軒は470万円、次が240万円、次が170万円という感じです。価格だけではないので、注意が必要ですが、会って、良く話を聞き、その人の、人となりも良く見て、話しをちゃんと聞いてくれそうなところを見つける事が肝心です。


しかし、内・外装の業者を、こちらで選べる状況というのはとても良いのでは無いかとおもっています。


IMG_1524.jpg
中板橋の杉綾珈琲豆店もそうしたサイトを使い業者さんを探しました。


豆屋を作る時には、いろいろな事が必要になって来ます。それら、一つ一つを確実に行えないと、開店出来ないばかりか、開店して、3年で閉店という道が待っている様な気がします。
スポンサーサイト