ヘッダー画像

プロフィール

nanpou1616

Author:nanpou1616
府中市で27年間、自家焙煎珈琲豆店をやってます。

美味しいコーヒー豆は、良い生豆の選択・適切な焙煎・そしてそれを新鮮なうちに販売するという3つの事が、とても大事です。更にその3つが全て揃っていないと本当に美味しいコーヒー豆は販売出来ません。

当店では、直火5Kの焙煎器で、一釜・一釜丁寧に焙煎したものを、新鮮なうちに販売しております。

又、コーヒー教室・カフェ講座・豆屋の開店指導も随時行っております。

住所:〒183-0055
   東京都府中市府中町2-20-13 
   遠藤ビル1階
TEL&FAX:042-335-5292

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カテゴリ

    
            

世界はなんと危弱なのでしょう。

2016/06/24
category - コーヒー
コメント - 0
                         

にほんブログ村
クリックしてね。


今日はイギリスのEU離脱の報道を見ていましたが、世界は大騒ぎと言った感じですが、いくら円高になろうとも、生豆の価格が下がるなどという恩恵を受けた事は無いですから余り関係の無い話の様な気もします。


ただ、世界は強固に見えて、こんなにも危弱なのかと思うと、少し可笑しくなります。周囲の事に振り回されず自分の仕事や人生を追い求めて行かなければいけないと強く思います。


今日は、長岡のリブロ珈琲の長谷川さんと、茗荷谷の刈込さんに電話してみました。2人とも7月2・3日の開店かと思っていたのですが、9日・10日位の開店になります。という事なので、キチンと仕事をしたい人特有の慎重さなのだと思います。


どちらも焙煎は、それ程不安は無い様なので、南方郵便機で習い覚えた焙煎方法をフルに使って、お客様が驚く様な美味しいコーヒーを販売してくれればと思います。といっても後2~3週間なので、もう仕事は大分進んでいると思います。

1465434788645.jpg
苅込さんのお店<氷川下10番地>の看板、でもこれは仮の看板だそうです。


苅込さんは、明日、奥さんのお店(渋谷で焼き鳥屋さんを経営しています。)で落語の会が開かれるので、その時のお客様に渡すお土産を10k位焙煎し、挽いて、袋に詰めなければならないので、大変です。と言っていました。開店前から忙しくとても元気が良い様に思えました。


きっと良いお店になると思っています。
スポンサーサイト
                                 
                                      

コメント

非公開コメント