ヘッダー画像

プロフィール

nanpou1616

Author:nanpou1616
府中市で27年間、自家焙煎珈琲豆店をやってます。

美味しいコーヒー豆は、良い生豆の選択・適切な焙煎・そしてそれを新鮮なうちに販売するという3つの事が、とても大事です。更にその3つが全て揃っていないと本当に美味しいコーヒー豆は販売出来ません。

当店では、直火5Kの焙煎器で、一釜・一釜丁寧に焙煎したものを、新鮮なうちに販売しております。

又、コーヒー教室・カフェ講座・豆屋の開店指導も随時行っております。

住所:〒183-0055
   東京都府中市府中町2-20-13 
   遠藤ビル1階
TEL&FAX:042-335-5292

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カテゴリ

    
            

何故ブレンドは必要なの。

2017/09/21
category - コーヒー
                         

ブログ村ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックして下さると嬉しいです。


今日は、ようやく落ち着いた天気になりました。まだ、日の当たっている所は暑いですが、日陰に入れば、心地よい風が吹いています。朝、仙川のスタバの外の席で、本を読んでいたのですが、気持ちの良い時間でした。秋は急速に近づいて来ています。


開店指導を受けている方達が、自分の店で扱う、豆の種類を考える時、最後に、いつも必ず出て来る質問は、ブレンドをどうするかです。これは、思っているより難しい問題で、何故ブレンドを作るのか、それだから、どんなブレンドを作るのかという問いは、なかなか的確にこたえる事は出来ません。


一番多い間違いは、カフェや喫茶店をやっている人に多いです。安い、美味しくない豆を仕入れているものだから、何とか、それを混ぜて美味しい物を作れないかという考えです。これは、相当おかしな考え方なので、直ぐ答えられます。


『手品では無いのですから、美味しくない豆を幾ら混ぜても美味しくなるはずはありません。』こう書くと、本当にそんな事を聞く人がいるのですか。と言う方もあるでしょうが、私は先日もそういうお客さんに会ったばかりです。


IMG_1651.jpg
美味しくない豆を幾ら混ぜても美味しくはなりません。


コーヒーの事に関しては、手品は余りありません。焙煎する側から言っても、安価な生豆から、美味しいコーヒー豆を焙煎出来る訳はありません。ただ、時々ですが、安価で良い生豆というのはあります。これは見つけたら、大ラッキーですが、いつも大ラッキーを期待して仕事をしていく訳にはいかない訳ですから、余り期待してはいけません。(笑い)


一番まともな、ブレンドを作る理由と言うのは、単品のどんな種類のコーヒー豆も持っていない味を、ブレンドして作りたいから、という事だと思います。だから、一時期良く言われた様に、スペシャリティコーヒーはブレンドしないという説が出来上がったのだと思います。それが、本当に独自の味で、美味しいのなら、ブレンドする必要が無いからです。


しかしスペシャリティコーヒーは現在拡散してしまいました。何がスペシャルティなのか、価格的にも全く分からなくなってしまいました。だから、スペシャリティコーヒーを唱えていた人達も、現在盛んにブレンドを研究しています。


ブレンドが必要かどうかは、結局店主が考えて決めるしかありませんが、ブレンドが無いと豆屋はとてもやりにくいのだという事は言えます。


長くなりすぎましたので、実際うちの店がどんな風にブレンドを作っているかは、明日書かせて頂きます。
スポンサーサイト