ヘッダー画像

プロフィール

nanpou1616

Author:nanpou1616
府中市で27年間、自家焙煎珈琲豆店をやってます。

美味しいコーヒー豆は、良い生豆の選択・適切な焙煎・そしてそれを新鮮なうちに販売するという3つの事が、とても大事です。更にその3つが全て揃っていないと本当に美味しいコーヒー豆は販売出来ません。

当店では、直火5Kの焙煎器で、一釜・一釜丁寧に焙煎したものを、新鮮なうちに販売しております。

又、コーヒー教室・カフェ講座・豆屋の開店指導も随時行っております。

住所:〒183-0055
   東京都府中市府中町2-20-13 
   遠藤ビル1階
TEL&FAX:042-335-5292

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カテゴリ

    
            

今日は開店指導のお話でRさんとお会いします。

2017/09/19
category - コーヒー
                         

にほんブログ村
ブログ村ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックして下さると嬉しいです。


台風は去りました。秋の清々しい空気が、とはちょっと言いにくい気温ですが、風は乾いてきました。日差しは強くても、日陰に入ればとても気持ちの良い日になりそうです。


今日は開店指導のお話で、春のカフェ講座に来て頂いたRさんとお会いします。Rさんは現在お勤めですが、春のカフェ講座で飲んだ当店のコーヒーがとても気に入って下さった様で、ああいう物を売る仕事をしてみたいというお話でした。


オーナーとしてやられる珍しいタイプの開店ですので、私としてもとても興味深いです。勿論焙煎はご自身がまず覚えるのだと思いますが、それから、いろいろ動いて行くのだと思います。ただ、アウトラインは決まっている感じがします。


一昨日、長野県塩尻の<クレイシー>のYさんからメールがあり、一釜だけどうも上手く焙煎出来なかったので、それはどうした訳ですか、というお話でした。丁度、川崎のマンションでのコーヒー教室の日でしたので、その日はご返事せず、翌日電話してみました。


フレンチを焙煎するときの最後の所がおかしかったようですが、聞いてみると、その後のフレンチは2釜とも以前と変わらず焙煎出来ました。という事ですので、大丈夫だと思うよ。と、お話しました。


なかなか、すべての事が上手く説明できる訳ではないですが、それが一度だけの事で、次は以前と同じように焙煎出来るなら、心配はありません。一番怖いのは、そこでいろいろマニュアルをいじってしまい、自分自身が焙煎についてよく分からなくなってしまう事です。

IMG_1543.jpg
1K釜の焙煎は、5K釜と比べると、とてもトリッキーです。自分で焙煎しているという感じは強く持てるかも知れません。


初期の場合はそうした事をやってしまいがちですが、沢山焙煎する中の一つが上手く行かないからといって、そのことの為に、現在上手く行っている焙煎の方法を変えてしまうのはとても怖いと思います。


私も始めの頃、よくそうした事をやりましたが、(私の場合独学ですので、分からなくなった時は大変でした。)それはそれで仕方のない事でしたが、今考えてみるとおかしな事ばかりしていた様な気がします。


勿論、自分の味を作る為には、いろいろマニュアルを弄って行くのですが、それは、上手く行いる時の方が良いのです。上手く行っているときには自分の気持ちも乗っていますし、集中力も上がっています。ただ、上手く行っている時に、マニュアルを動かせるかどうかですが、結果としては、その方が良い様な気がします。
スポンサーサイト