ヘッダー画像

プロフィール

nanpou1616

Author:nanpou1616
府中市で27年間、自家焙煎珈琲豆店をやってます。

美味しいコーヒー豆は、良い生豆の選択・適切な焙煎・そしてそれを新鮮なうちに販売するという3つの事が、とても大事です。更にその3つが全て揃っていないと本当に美味しいコーヒー豆は販売出来ません。

当店では、直火5Kの焙煎器で、一釜・一釜丁寧に焙煎したものを、新鮮なうちに販売しております。

又、コーヒー教室・カフェ講座・豆屋の開店指導も随時行っております。

住所:〒183-0055
   東京都府中市府中町2-20-13 
   遠藤ビル1階
TEL&FAX:042-335-5292

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カテゴリ

    
            

今日はカフェと豆屋の違いの4回目です。ガスの焙煎機を使ったお店。

2017/09/10
category - コーヒー
                         

にほんブログ村
ブログ村ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックして下さると嬉しいです。


昨日は、先日お話した、開店指導を受けているOさんのお店の物件を見に、京王線の百草園まで行きました。百草園から徒歩数分の所です。百草園はうちの奥さんの母親が介護施設に入っていた場所なので、何度も行った事があります。


2時に会って、物件を見ましたが、流石に人通りが少なく、どうでしょう。という感じでした。Oさんは気にいっているようで、人通りの件についてはそれ程気にしている様子はありませんでした。


まだ、見つけ始めて最初の物件ですので、もう少し探すのだと思いますが、別にそこで出来ない場所というのでは無さそうです。Oさんはそんなに場所に拘っていない様に見えます。自信があるのだと思います。


今日はカフェと豆屋の違いの4回目になります。昨日は電気のお釜のお店の話が中心になりましたが、今日はガスのお釜の話です。勿論業務用の焙煎機も出て来ます。


2・小型のビーンズタイプと呼ばれる焙煎機を使ったお店。


こちらもオンデマンドには変わりは無いのですが、火力はガスコンロなので、電気の焙煎機とは少し違います。ただ、火力に問題があるのは、電気の焙煎機と同じです。こちらは逆に店舗数としては減ってきているお店です。

          
オンデマンドのお店の形は同じでも、こちらは苦労していろいろな焙煎方法を試しているお店が多いと思いますので、それなりに、焙煎技術は向上していく可能性があります。だが、そこまでやるなら、これからお話しする業務用の小型焙煎機で初めから始めた方が良い様な気もします。


3・業務用の焙煎機を使ったお店。


 こちらは、当店(南方郵便機 府中店)と同じタイプのお店です。富士ローヤルやラッキー(ボンマック)或いは、他の会社が製作している業務用焙煎機を使い、豆を焙煎していきます。当店は富士ローヤル・5K・直火という風に分類出来る焙煎機で、一回3.3Kの生豆を焙煎しています。


 当店の開店指導を受けている方は、基本的に1k・3Kから5Kの直火の焙煎機を選ぶのですが、近頃はうちの開店指導を受けている方達の中にも1K釜のお店に興味を持つ方が増えています。焙煎機の会社は、もっと大型の焙煎機を幾つも作っていますが、住宅地・商業地でやるのは、煙や臭いの問題があり、5Kが限界と言われています。


焙煎機について言えば、当店はきちんとした焙煎機なら、何処の会社の物でも大丈夫と言っています。(直火であることが必要ですが。)以前は良く、当店の開店指導の方も、中古の焙煎機を使う方が多かったのは、それは中古の焙煎機が何とか見つかっていたからです。


現在は1K~5Kの中古の焙煎機は海外で(特にアジアで)良い値段で売れる為、日本では殆ど販売されません。


ただ大事なのは、焙煎の方法(マニュアル)なので、焙煎機はきちんとした物であれば、どこの会社の物でも大丈夫です。焙煎の方法は当店の開店指導で覚えられます。開店指導を受けて、焙煎が出来なかった方はいません。当店の焙煎方法は美味しく焙けるけれど、そんなに難しくはありません。


 3K釜か5K釜だと、どうしても、初期の売れない段階で、焙煎した豆が売れずに古くなり、処分しないといけないという事が起こります。ただ、1K釜だと一度に600g(焙煎後)しか焙煎出来ないため、常に鮮度の高い物が売れるのと、古くなった豆を処分する必要が無いという事が挙げられます。又、量が少ないので、女の方でも楽に仕事が出来るという利点もあります。


焙煎機の価格も半分以下になりますし、又、場所によっては消煙機を付けなくとも良いという事になれば、開店時のコストパフォーマンスは馬鹿にならなくなってきます。勿論、店も小さくて済みますし、家賃も違って来るだろうと思っています。


IMG_1544.jpg
杉綾珈琲豆店の富士ローヤル直火1K釜


味は1K釜でも、美味しく焙煎出来ますので、何とかスモールビジネスを立ち上げたいと思う方には最適な条件が揃って来ます。ただ、売れてきた時どうするの、という疑問と、アイスコーヒーリキッドを作る時、等、どうするのという疑問はあるでしょうが、利点も多い様な気がします。

それでは、又、長くなり過ぎましたので、この辺りで終わりにします。次回は、豆屋の仕事ととしてのの特徴になります。
スポンサーサイト