ヘッダー画像

プロフィール

nanpou1616

Author:nanpou1616
府中市で27年間、自家焙煎珈琲豆店をやってます。

美味しいコーヒー豆は、良い生豆の選択・適切な焙煎・そしてそれを新鮮なうちに販売するという3つの事が、とても大事です。更にその3つが全て揃っていないと本当に美味しいコーヒー豆は販売出来ません。

当店では、直火5Kの焙煎器で、一釜・一釜丁寧に焙煎したものを、新鮮なうちに販売しております。

又、コーヒー教室・カフェ講座・豆屋の開店指導も随時行っております。

住所:〒183-0055
   東京都府中市府中町2-20-13 
   遠藤ビル1階
TEL&FAX:042-335-5292

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カテゴリ

    
            

今日はカフェと豆屋の違いについての一回目です。

2017/09/06
category - コーヒー
                         

にほんブログ村
ブログ村ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックして下さると嬉しいです。


今日はこれから中板橋へ出かけます。夏のカフェ講座を受講して頂いた、Hさんを<杉綾珈琲豆店>にご案内することになっています。雨ですが、たいしたことは無さそうです。


時間も出来てきましたので、今日から何回かに分けてカフェと豆屋の違いについてお話します。この辺りはカフェ講座の内容と重複していますので、興味のある方には、面白いかも知れません。


IMG_1530.jpg
<杉綾珈琲豆店>ファサード


カフェと豆屋の違い。 1回目


現在、コーヒーに関わる仕事を、個人として始める場合、基本的にはカフェ或いは喫茶店を始めるか、それとも豆屋を始めるか、どちらかになると思います。これ以外に、生豆の個人輸入による販売、或いは生豆の生産に携わる等、これからいろいろ出て来るとは思いますが、まだ現実的な問題が多すぎて実際的では無い様な気がします。


今日はまず、カフェ(喫茶店)と豆屋の違いについて説明致します。ただ、こちらで言っているカフェの場合は、コーヒーが主で、食べ物をいろいろ扱うレストランカフェの様な業態は初めから除外してあります。あくまでコーヒーを飲ませるカフェという位置づけです。


カフェと豆屋はどちらも、コーヒーを扱うお店なので、実は相当近いのではないかと思われていますが、実は全く違います。カフェは飲食店であり、豆屋は物販店です。この2つの違いは、先々、とんでもない大きな違いとなり、売り方も、仕事の内容も、宣伝の方法も、殆ど関係が無いと言っていいくらいの別の仕事になって行きます。


それではまずカフェの説明からです。


カフェは女の人が開店してみたいと思う店の上位に必ず入っています。花屋・ケーキ屋・今だとネイルショップと並んで、いつも人気業種です。OZマガジン(旅行や、飲食店の紹介等がメインの女性の専門雑誌)などでも、いつもカフェ特集が組まれ、いろいろな店の紹介が載っています。そうした写真を見ていると、女の人が、素敵な可愛いカフェをやりたいと思う様になっても別に不思議ではありません。


ただ、現実はどうかというと、多分利益が出ているカフェは、あの中の2割位にすぎないと私は思っています。或いはもっと少ないと思って良いと思います。『うそ。』と思う方も多いかも知れませんが、大体、本当です。


もうすでに長くなってしまいました。明日から何回かに分けてお送りします。
スポンサーサイト