ヘッダー画像

プロフィール

nanpou1616

Author:nanpou1616
府中市で27年間、自家焙煎珈琲豆店をやってます。

美味しいコーヒー豆は、良い生豆の選択・適切な焙煎・そしてそれを新鮮なうちに販売するという3つの事が、とても大事です。更にその3つが全て揃っていないと本当に美味しいコーヒー豆は販売出来ません。

当店では、直火5Kの焙煎器で、一釜・一釜丁寧に焙煎したものを、新鮮なうちに販売しております。

又、コーヒー教室・カフェ講座・豆屋の開店指導も随時行っております。

住所:〒183-0055
   東京都府中市府中町2-20-13 
   遠藤ビル1階
TEL&FAX:042-335-5292

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カテゴリ

    
            

何故1K釜をお勧めするようになったのか。 4

2017/08/26
category - コーヒー
                         

にほんブログ村
ブログ村ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックして下さると嬉しいです。


暑いですが、店では<夏の終わりの30%OFFセール>を始めました。9月3日(日)迄です。お葉書など無くともどなたでもご利用になれますので、ご来店をお待ちしています。


今日は、何故1K釜をお勧めするようになったのか。 4 となります。


昨日焙煎機の価格についてお話しましたが、価格そのものもそうですが、消煙機を付けるか付けないかによって焙煎機に掛かる資金は随分違ってきます。1K釜の場合、消煙機を着けなくとも、やれる場合は多くなってきます。


FullSizeRender.jpg
長野県・塩尻市・広丘の<クレイシー>の1K釜。


実際焙煎をしてみると、消煙機の必要性を感じる事は余りありません。ただ、本当に綺麗なビルの一階や、やる方の性格にもよるので、何とも言えない場合が多いですが、基本的には消煙機が無くともやれるのではないかと思っています。


そうすると、富士ローヤル直火1K釜が設置費込みで、130万円位で買えますので、昨日の計算で言うと、最低で330万円位で開店可能になってきます。スモールビジネスなのだから、何とか500万円以内で開店出来ないかという問いに答えられる仕事になります。


上手く行くと運転資金を入れて500万円という事も可能になって来ます。実際、その位の資金で開店する人達も出て来ています。


その上、美味しく焙煎出来るのは実証済みですので、味に関しては問題ありません。いつも新鮮な物が売れるのも嬉しい事実です。困った問題は無いようにみえますが、幾つか問題が出て来ます。


その一つは、売れてくれば、一日何度も焙煎をしなければならないという事です。しかし、豆を焙煎したくて豆屋になるわけですから、それが嫌なら、最初から豆屋等を目指さず、不動産屋にでもなれば良いのです。焙煎しながら売っている姿は、お客様はとても喜びます。


もう一つの問題は、アイスコーヒーリキッドを製作したり、ドリップバッグを会社に頼んで作って貰う場合です。この場合は作って貰う量にもよりますが、相当の量を焙煎しなければならないので、3Kか5Kの焙煎機が必要になります。


うちの開店指導の方には、うちの店の焙煎機を使えるよと言っています。(勿論、有料になりますが。ただ、何かで私が1Kの焙煎機を借りる時には、やはり有料で借りますので、その辺りは公平です。)


後は、富士ローヤルでも焙煎機を、時間貸ししています。そうした手もあると思います。


そして、3年経って本当に1Kの焙煎機で、焙煎が間に合わなくなったら、3Kか5Kの焙煎機に買い替えるか、又、3Kから5Kの焙煎機を増やせば良いのです。


以前も書いたと思うのですが、商売は売れて来れば何でも出来るものです。売れなければ焙煎機を買い替える必要も、買い足す必要も無い訳ですから、それはそれで何の問題もありません。
スポンサーサイト