ヘッダー画像

プロフィール

nanpou1616

Author:nanpou1616
府中市で27年間、自家焙煎珈琲豆店をやってます。

美味しいコーヒー豆は、良い生豆の選択・適切な焙煎・そしてそれを新鮮なうちに販売するという3つの事が、とても大事です。更にその3つが全て揃っていないと本当に美味しいコーヒー豆は販売出来ません。

当店では、直火5Kの焙煎器で、一釜・一釜丁寧に焙煎したものを、新鮮なうちに販売しております。

又、コーヒー教室・カフェ講座・豆屋の開店指導も随時行っております。

住所:〒183-0055
   東京都府中市府中町2-20-13 
   遠藤ビル1階
TEL&FAX:042-335-5292

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カテゴリ

    
            

豆屋のオン・オフは。

2017/08/07
category - コーヒー
                         

にほんブログ村
ブログ村ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックして下さるととても嬉しいです。


台風はなかなか動かず、今、東京は弱い雨が降っているだけです。ただ、多摩地方に強い雨の警報が出たりして、これから夜にかけてが、本番なのかも知れません。


台風も、一つがこう長くなり、2週間も影響を与えるとなると、昔とはちょっと違う考え方をしないといけなくなる様な気がします。旅行もそればかり期待していると、夏休み全体の計画が上手く行かなくなることも多くなって来そうです。


仕事もいろいろ変化が多くなって来そうな気がします。仕事によっては以前の様には、上手く行かないという仕事も出て来そうです。


豆屋はどうなのという事になりますが、豆屋はもともと8月・9月はオフシーズンです。店によってですが、7月も9月もオフシーズンというところもあるのではと思います。それは店の営業方針によって違うのでは無いかと思いますが、うちの店も8月・9月はやはり暇な日が多いです。


でも、どんな業種でも多かれ、少なかれそうしたオン・オフはあるわけですから、それはそれなりに考えるという事になるのだと思います。


豆屋は10月頃から忙しくなり始め、11月・12月がとても忙しいのが普通です。でも他の業種と同じように1月・2月はちょっと暇になります。そして3月・4月・5月は忙しく、6月・7月は、アイスコーヒーリキッドが忙しいところは忙しく、そうした物に力を入れない所は暇になって来るという循環の様な気がします。


IMG_0576.jpg
これは今年の冬のカフェ講座のテキストです。夏のカフェ講座も後4日に迫りました。テキストに最後の手を入れます。


ただ、これは店がオフシーズンなので、オーナーの頭の中がオフシーズンになってしまえば終わりです。多分、この時に、いろいろ仕事が出来る人が良くなって行って、その時、自分も一緒にオフシーズンになってしまう人は、秋・冬は余り伸びない様な気がします。


普段忙しくて出来ない、インターネット通販の勉強や、秋・冬に何をやるのかを綿密に考える習慣をつけておかないと、いつも現実に追われるだけで、結局、目の前にある事に対応するだけの仕事になってしまいます。


1月・2月はそれと同じで、春から夏の仕事について、仕事をしておく癖がつけば、店として良くなって行くのだと思います。仕事の内容について間違っていなければですが。
スポンサーサイト