ヘッダー画像

プロフィール

nanpou1616

Author:nanpou1616
府中市で27年間、自家焙煎珈琲豆店をやってます。

美味しいコーヒー豆は、良い生豆の選択・適切な焙煎・そしてそれを新鮮なうちに販売するという3つの事が、とても大事です。更にその3つが全て揃っていないと本当に美味しいコーヒー豆は販売出来ません。

当店では、直火5Kの焙煎器で、一釜・一釜丁寧に焙煎したものを、新鮮なうちに販売しております。

又、コーヒー教室・カフェ講座・豆屋の開店指導も随時行っております。

住所:〒183-0055
   東京都府中市府中町2-20-13 
   遠藤ビル1階
TEL&FAX:042-335-5292

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カテゴリ

    
            

ラクスルの電話対応は素晴らしいものです。

2017/06/14
category - コーヒー
コメント - 0
                         

にほんブログ村
クリックしてね。


昨日は印刷物について書きました。今回はずっとラクスルにお願いしているのですが、私の様にパソコンに不慣れな者はどうしても、入稿の難しさ等について考えたり、しり込みしたりしがちです。でもそれは私だけでは無く、多くの人がそうなのだと思います。


昨日も書いたと思いますが、現在でもそうした人は、決して少なくないのでは無いかと思います。特に、年齢が上で、小さな店の主人でそうした事が得意な人は余り、いないのでは無いでしょうか。


1417764390146.jpg
ストック缶も、又、大切な豆屋のアイテムです。



だから、そうした事が出来る人を雇えば良いと考えるのも又、可笑しな事なので、そんな事をしていたら、小さな店は直ぐに潰れてしまいます。小さな店の主人は全てを自分でやらなければならないのです。


そうした意味では何でも出来る人で無ければならないのですが、実はそんな人はいる訳がありません。若い人はともかく、私位の年齢の人はどうしたってパソコンやインターネットは得意ではありません。だから、ラクスル等の入稿にはとても気を使います。


そこで上手く出来ない時、或いは間違ってしまった時の、フォローが必要になります。その時、大事なのは電話での対応が出来るか出来ないかです。今は、印刷会社だけでは無く、あらゆる場所で電話対応をしない会社が増えています。


確かに、その為の人件費、手間、各種の問題が多いのでしょうが、電話対応が出来る、出来ないでは、お客様の需要は全く違って来るような気がします。ただ、電話対応はとても難しいというのが実情でしょうから、その内容によっては、しない方が良い会社もあるのではないでしょうか。


ラクスルは電話対応をしてくれますが、今回、ラクスルの電話対応は素晴らしい物でした。基本的に上手く行かない人が電話してくる訳ですから、相手は既に困っているのです。イライラしたり、はっきり事態が把握できない人が多いのは当然のことです。


ただ、今回はラクスルでしたが、上手く入稿が出来ない時のラクスルの電話応対を見ていると、それは、凄い上手でした。如何に我慢強く、にこやかに対応しているのかが分かります。どうやって、こういうスタッフを育てているのかとても興味のある所です。


私は昨日2回電話しましたが、昼間のお姉ちゃんも夜のお兄ちゃんも、こういうスタッフを何処から雇い、どうやって教育するのかがとても知りたい気になりました。その位上手な応対でした。


昨日、店の事で書きましたが、やはりメールより電話というのは、ここでも変わりない様に思えます。ただ、電話での対応はそんない優しいものではありません。
スポンサーサイト
                                 
                                      

コメント

非公開コメント