ヘッダー画像

プロフィール

nanpou1616

Author:nanpou1616
府中市で27年間、自家焙煎珈琲豆店をやってます。

美味しいコーヒー豆は、良い生豆の選択・適切な焙煎・そしてそれを新鮮なうちに販売するという3つの事が、とても大事です。更にその3つが全て揃っていないと本当に美味しいコーヒー豆は販売出来ません。

当店では、直火5Kの焙煎器で、一釜・一釜丁寧に焙煎したものを、新鮮なうちに販売しております。

又、コーヒー教室・カフェ講座・豆屋の開店指導も随時行っております。

住所:〒183-0055
   東京都府中市府中町2-20-13 
   遠藤ビル1階
TEL&FAX:042-335-5292

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カテゴリ

    
            

昨日は奈良からSさんが来てくれました。

2017/06/11
category - コーヒー
コメント - 0
                         

にほんブログ村
クリックしてね。


今日は良い天気の日曜日になりました。暑さがどうなるのか気にはなりますが、昨日もそうでしたが、今日も、そんなに暑くはならないと思います。今日も青空豆店の見学会です。今日は御兄弟2人のお客様で、時間は昨日と同じです。


昨日は見学の後、シェアオフイスで、奈良から来て頂いたSさんと開店指導の契約をしました。シェアオフイスも土・日は空いていて、とても話易かったです。特に夕方はガラガラでしたので、契約の後、焙煎についての話をさせて頂き、その後、神保町のビアホールに飲みに行きました。


IMG_1034.jpg
昨日はシェアオフイスも空いていました。


いろいろお話しましたが、Sさんが、沢木耕太郎を好きだという事で私もとても嬉しくなりました。沢木耕太郎は<深夜特急>が代表作の様に言われていますが、実は私は<深夜特急>を読んだ事は無いのです。


これって何か不思議な気がしますが、他の物は殆ど読んでいると思うので、まあ変わった読者です。今度読んでみようと思います。沢木耕太郎では<人の砂漠>と<敗れざる者たち>辺りがとても好きですが、近作<波の音が消えるまで>を読んでもとても面白いです。


Sさんは、今日は府中の店で第一回の焙煎練習になる予定です。Sさんの場合は、大阪のF社の焙煎練習所に通っているようで、焙煎については、すでに何回もやっておられるようですが、うちの焙煎マニュアルで焙煎して貰い、更に、焙煎技術を磨いて頂ければと思っています。


カフェ講座でも、開店指導でも遠方のお客様が増えていて、今回のカフェ講座を受けた方の仲にも地方都市でやりたいという方が、何人かいらっしゃいます。地方には、なかなか仕事が無いでしょうから、そうした意味では、地方へ帰りたくても帰る事が出来ない方もいらっしゃると思います。そうした方の、お役に立てれば、私としては、とても嬉しい気がします。
スポンサーサイト
                                 
                                      

コメント

非公開コメント