ヘッダー画像

プロフィール

nanpou1616

Author:nanpou1616
府中市で27年間、自家焙煎珈琲豆店をやってます。

美味しいコーヒー豆は、良い生豆の選択・適切な焙煎・そしてそれを新鮮なうちに販売するという3つの事が、とても大事です。更にその3つが全て揃っていないと本当に美味しいコーヒー豆は販売出来ません。

当店では、直火5Kの焙煎器で、一釜・一釜丁寧に焙煎したものを、新鮮なうちに販売しております。

又、コーヒー教室・カフェ講座・豆屋の開店指導も随時行っております。

住所:〒183-0055
   東京都府中市府中町2-20-13 
   遠藤ビル1階
TEL&FAX:042-335-5292

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カテゴリ

    
            

カフェインレスコーヒーが売れています。

2017/05/18
category - コーヒー
コメント - 0
                         

にほんブログ村
クリックしてね。


ここのところ何やかやと忙しく、なかなかブログが書けません。まあ、無理をしないというのが原則ですので、書ける時に書くというのが一番良い様な気がします。


これから暫く天気は良い様で、梅雨の前の神様のプレゼントかも知れません。大事に使いたいものです。


IMG_0166.jpg
この中にメキシコカフェインレスコーヒーもあります。


カフェ講座の事ばかり書いていて、なかなか他の事を書く余裕がありませんが、たまにはコーヒーの事も書かなければという事で、今日はカフェインレスコーヒーについて書いてみます。10年以上前、うちの店でもカフェインレスコーヒーを焙煎して売った時期がありました。


その時は、余り美味しいとは言えない味でした。何回焙煎方法を変えて試してみても、濃い麦茶の様な味にしかなりませんでした。やっぱり、こういう物なのだと思うしかない味でしたので、2か月位で止めてしまいました。


それから10年近く経ち、たまたま問屋さんからの情報で、メキシコのカフェインレスコーヒーが美味しいですよ。という話が入りました。いろいろ考えてもカフェインレスコーヒーを必要としている人はとても多いでしょうし、店でもカフェインレスはないのという質問を良く受けていましたので、又、やってみようかという気持ちになりました。


『10年経てば、人生は変わる。』というのはコマーシャルでも何でも良くある様な気もしますし、確かに10年経てば何でも変わる様な気もします。カフェインレスの生豆も10年経てば変わっているかも知れないと思い10Kだけ注文してみました。


豆が到着し、焙煎してみると、これは結構いけるのです。10年前の味とは全く違います。勿論、普通の豆とは違うのですが、飲んでも全く美味しさを感じなかった10年前の物とは雲泥の差があります。ちょっと、味が遠いかなという程度の違いです。これなら大丈夫と思い販売に踏み切りました。


そして一年以上が経ち、現在カフェインレス・メキシコシティ・ローストはとても良く売れて来るようになりました。ドリップバッグも作ってみましたが、こちらも、本当に美味しく飲めます。


ヨーロッパでも、アメリカでもカフェインレスはとても人気があるそうです。どのカフェでもレストランでも、又ビーンズショップでもたいてい置いてあります。という話です。


夜コーヒーを飲みたいけれど、眠れなくなってしまうので、飲めない。妊娠しているので、今まで何杯もコーヒーを飲んでいたのだけれど、怖くて飲めなくなってしまった。何となくカフェインが強すぎてコーヒーを飲むのが怖い。こうした方達は思っているよりも多いのかも知れません。


それに加え、大手のカフェインレスコーヒーが相変わらずとても不味いという事もあり、うちの店のカフェインレスコーヒーは売り上げがとても伸びて来ています。本当は種類をもう少し増やしたいのですが、これから夏が来て、豆の売り上げは落ちる時期がきますので、秋が来たら、カフェインレスの種類を増やして行きたいと思っています。


ちなみに、出来たばかりの永福町の<青空豆店>でもカフェインレスはとても良く売れています。
スポンサーサイト
                                 
                                      

コメント

非公開コメント