ヘッダー画像

プロフィール

nanpou1616

Author:nanpou1616
府中市で27年間、自家焙煎珈琲豆店をやってます。

美味しいコーヒー豆は、良い生豆の選択・適切な焙煎・そしてそれを新鮮なうちに販売するという3つの事が、とても大事です。更にその3つが全て揃っていないと本当に美味しいコーヒー豆は販売出来ません。

当店では、直火5Kの焙煎器で、一釜・一釜丁寧に焙煎したものを、新鮮なうちに販売しております。

又、コーヒー教室・カフェ講座・豆屋の開店指導も随時行っております。

住所:〒183-0055
   東京都府中市府中町2-20-13 
   遠藤ビル1階
TEL&FAX:042-335-5292

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カテゴリ

    
            

明日は茗荷谷の苅米さんのお店に焙煎機が入ります。

2016/06/07
category - コーヒー
コメント - 0
                         

にほんブログ村
クリックしてね。

明日は茗荷谷の苅米さんのお店に焙煎機が入ります。

ここのところいろいろ忙しくなかなかブログが書けませんでしたので、久し振りのブロブになります。

天気は、今日は曇りから小雨ですが、何となく梅雨ぽい空模様です。このまま梅雨に入っていくのでしょうが、去年から今年の前半は何となく天気がおかしな気がしています。

いよいよ明日は、東京、茗荷谷の苅込さんの店に焙煎機が搬入され、設置されます。開店指導を受けている前田さんも、これから焙煎機が搬入される長谷川さんも見学に来る予定です。

IMG_3010.jpg
南方郵便機も27年前の開店時はたいへんでした。

苅込さんのお店は自分のビルの一階ですので、他よりは気を遣わず楽な様な気がしています。このあたりから、開店する人は非常に忙しくなってきます。開店日を決め、セールをやるなら(やらない場合もありますが)、その為のチラシを作り、あるいはポスティングをするならするで、やる事は非常に多くなってきます。

店のポイントカードは出来ているのか、豆のビンに貼るシールは出来ているのか、豆の袋は揃っているのか、袋に貼るシールは出来ているのか、それとも手書きで行くのか、レジは買うのか買わないのか、最後に釣銭は用意するのかまで、考えればきりがありません。

ただ、どちらにしろ、開店日を決め、逆算するように、予定表にやる事を書き込んでいく以外、良い方法はないので、頭の中で考えているだけでは、当日沢山の取りこぼしが出来てしまうのは、当たり前の話です。

27年前の南方郵便機の開店日を思い出すと、笑ってしまうことに、釣銭を用意するのを忘れていて、更に悪いことに土曜日だったので、銀行はやっておらず、手伝いに来ていた友達が競馬場(府中でしたので)に釣銭を作りに行ってくれました。

後で、お酒の席での笑い話にはいいですが、やはり素人だったのだなあー、と変な風に関心しました。
スポンサーサイト
                                 
                                      

コメント

非公開コメント