ヘッダー画像

プロフィール

nanpou1616

Author:nanpou1616
府中市で27年間、自家焙煎珈琲豆店をやってます。

美味しいコーヒー豆は、良い生豆の選択・適切な焙煎・そしてそれを新鮮なうちに販売するという3つの事が、とても大事です。更にその3つが全て揃っていないと本当に美味しいコーヒー豆は販売出来ません。

当店では、直火5Kの焙煎器で、一釜・一釜丁寧に焙煎したものを、新鮮なうちに販売しております。

又、コーヒー教室・カフェ講座・豆屋の開店指導も随時行っております。

住所:〒183-0055
   東京都府中市府中町2-20-13 
   遠藤ビル1階
TEL&FAX:042-335-5292

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カテゴリ

    
            

スタバではエスプレッソしか飲みません。

2017/04/30
category - コーヒー
コメント - 0
                         

クリックしてね。


今日は連休2日目。午後、風がちょっと出て来ましたが、好天の日曜日です。今日はシェアオスイスも営業していて、午後からここで仕事をしています。午前中は渋谷のプールへ行きました。


こうやって都内をぐるぐる回って暮らしているのを、殆どの人は嫌がるでしょうが、私は不思議と嫌ではありません。むしろ一日家に居て仕事をしろといわれると、多分我慢出来るのは一日位だと思います。


昨日は、カフェについてちょっと書きましたが、何か書きたりないものがありましたので、今日はもう少し書いてみたいと思います。カフェというのは、多分街にとってオアシスの役目をしているのです。


IMG_1087.jpg
昨日の中目黒のスタバ。


仕事で歩いていても、遊びに出ても、買い物をしていても、街には休む所がありません。そうした意味では、砂漠におけるオアシスと同じ役割を果たしているのだと思います。勿論、他の飲食店も居酒屋もバーもあるのですが、そうした所は利用目的がはっきり決まっていて、昼間ちょっと休んで、何かコーヒーや紅茶を飲むという風な場所ではありません。


お休みだと昼間からお酒を飲むのは流行っているようで、昨日の午後も、日比谷の居酒屋さんは女の子の2.3人連れがとても多く、昼間から、焼き鳥を食べたり、唐揚げをつまんだりしながら、楽しそうに過ごしていました。


ただ、これは昔の様に、水商売風な女の子達では無く、全く普通の女の子達です。一人で、カウンターで飲んでいる女の子もいました。その子もごく普通の女の子でした。ただ、それは休みの日の特別な時間の事なので、いつもそんな風に出来る訳ではありませ。


平日の、仕事の合間の短い時間や、朝・夕のちょっとした短い時間を自分なりに過ごせる場所は、カフェ以外ありません。そうした意味ではカフェが無かったら、老若男女、誰を問わず街で暮らす人達はとても困ると思います。又、街も活力を失うのではないでしょうか。


そして、そうなると次に問われて来るのはカフェの個性や質という問題になってくるのだと思います。新聞の調査によると、お客様の好感度の一番高いのはドトールコーヒーショップ・2番目はタリーズコーヒー・3番目はスタバという順だそうです。


多分数年前はスタバが一番だったと思うのですが、結局、日本の場合、阿部さんの言も虚しく、お客様の収入が増えて来ないという現実があり、それが、スタバの第3位という結果になっているのだと思います。


スタバの場合、コーヒーが特別美味しい訳でも無く、(私はスタバではエスプレッソしか頼みません。それはスタバのエスプレッソが特別美味しいからでは無く、普通のコーヒーが美味しくないからです。)パンを一緒に食べると、直ぐに800円から1,000円を超える値段となってしまうのでは、やはり、ドトールにかなわないのは仕方が無い所です。


IMG_1091.jpg
蔦屋とのコラボはまだまだ続きそうだが。


ただ、カフェはいろいろな要素でお客を掴んでいる訳ですから、スタバのお店が素敵だというのも、又、間違いの無い所です。その辺りを見て行くとカフェという仕事はとても面白い物だと思います。


店の30%セールもいよいよ終わりが近づいて来ました。今日を入れて、後、3日5月の2日迄です。ご来店をお待ちしています。
スポンサーサイト
                                 
                                      

コメント

非公開コメント