ヘッダー画像

プロフィール

nanpou1616

Author:nanpou1616
府中市で27年間、自家焙煎珈琲豆店をやってます。

美味しいコーヒー豆は、良い生豆の選択・適切な焙煎・そしてそれを新鮮なうちに販売するという3つの事が、とても大事です。更にその3つが全て揃っていないと本当に美味しいコーヒー豆は販売出来ません。

当店では、直火5Kの焙煎器で、一釜・一釜丁寧に焙煎したものを、新鮮なうちに販売しております。

又、コーヒー教室・カフェ講座・豆屋の開店指導も随時行っております。

住所:〒183-0055
   東京都府中市府中町2-20-13 
   遠藤ビル1階
TEL&FAX:042-335-5292

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カテゴリ

    
            

今日は中目黒のスタバとブルーボトルを回りました。

2017/04/30
category - コーヒー
コメント - 0
                         

にほんブログ村
クリックしてね。


今日は、朝体調が非常に良くこれは仕事が出来るなという雰囲気だったので、9時半には九段下にいました。連休で、オフイスも空いているだろうと思い、喜んで行ってみたのですが、シェアオフイスは何とお休みでした。


土・日はやっているのですが、祭日は休みなのです。仕方がないので、渋谷のプールにでも行くかと思い半蔵門線で渋谷に向かったのですが、途中気が変わり、春のカフェ講座の前に中目黒に去年出来たスタバと、ブルーボトルを見ておきたいと思ったのです。


IMG_1082.jpg
中目黒駅に面した場所ではテークアウト専門の部分もありました。


スタバの方は、日本のスタバで初めて焙煎機を入れるお店になるという事でしたので、どんな感じのお店になっているかと思い行ってみたのですが、焙煎機はどこにも見えません。


実は去年のカフェ講座の前に一度行って見たのですが、その時はまだ工事中で、入れませんでした。ただ、大きな焙煎機の様な物が、貼ってあったビニールの内側に見えた様な気がしたのですが、それはどうやら間違いだった様です。


IMG_0162.jpg
去年撮った写真です。ビニールの奥にある金属の丸い物が焙煎機だと思ったのですが。違った様です。


現実のスタバは、ここのところ多くなった<蔦屋>とのコラボレーションの店舗で、まあ代官山にも、新しく出来た銀座のファッションビル(旧銀座松坂屋跡地)にも、あるものと同じものです。確かにとても素敵なのですが、私としては、焙煎機を付けたスタバを見に行ったつもりですので、ちょっと気落ちしました。


スタッフの男の子に『この店には焙煎機はないの。』と聞いてみると、『2018年に中目黒にもう一つスタバが出来ます。そこに設置されるはずです。』という答えでした。簡単なパンを食べエスプレッソを飲んだのですが、まあいつもの味と同じです。


ただ、今日は仕事が出来そうだったので、スタバの狭いカウンターテーブルで頑張ったのですが、仕事は大分出来ました。連休でも時間が早かったのか、まだそんなに混んではいませんでした。


その後、ブルーボトルをスマホで検索し見に行きましたが、こちらのブルーボトルはとても地味な場所で、こちらもまだ空いていました。基本的にはアメリカの発生時点のブルーボトルはこんな感じだったかも知れません。


IMG_1109.jpg
何か道路ばかりが大きく写っていて申し訳ない写真ですが、中目黒のブルーボトルです。結構、祐天寺寄りです。


もうコーヒーは飲みたくなかったので、写真だけ撮らせてもらい帰って来ましたが、何であれ実際に行って見なければ何一つ分からないのだというのが、店を見に行く時の正直な感想です。春のカフェ講座でもこうしたチェーン店の動きもきちんとお話していければと思っています。


カフェは都市には、必要不可欠なものになっています。カフェのない街なぞ考えただけで面白くもおかしくもありません。ただ、個人による、カフェの開店はますます難しくなるだろうと思います。余りに、資金が掛かりすぎると思うからです。


そうした意味では、豆屋にはまだまだ小資金でコーヒーの仕事を作れる可能性があると思っています。それを上手くお客様に伝える事が<カフェ講座 豆屋>の仕事です。今回も、もう2週間前になりました。受講者も後一人で満席です。
スポンサーサイト
                                 
                                      

コメント

非公開コメント