ヘッダー画像

プロフィール

nanpou1616

Author:nanpou1616
府中市で27年間、自家焙煎珈琲豆店をやってます。

美味しいコーヒー豆は、良い生豆の選択・適切な焙煎・そしてそれを新鮮なうちに販売するという3つの事が、とても大事です。更にその3つが全て揃っていないと本当に美味しいコーヒー豆は販売出来ません。

当店では、直火5Kの焙煎器で、一釜・一釜丁寧に焙煎したものを、新鮮なうちに販売しております。

又、コーヒー教室・カフェ講座・豆屋の開店指導も随時行っております。

住所:〒183-0055
   東京都府中市府中町2-20-13 
   遠藤ビル1階
TEL&FAX:042-335-5292

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カテゴリ

    
            

昨日は<青空豆店>の開店初日でした。

2017/03/26
category - コーヒー
コメント - 0
                         

クリックしてね。


昨日は天気予報よりは寒くも無く、何となく良い感じの日になりました。昨日は<青空豆店>の開店初日でしたが、これは驚きの混み方でした。


私も午前10時過ぎには行ったのですが、もう人が外に並んでいて、そこから3時間一度もお客様が切れる事はありませんでした。午後1時前後に少しだけお客様の居ない時間があり、私は疲れてしまいそこで帰って来てしまいました。(笑い)

IMG_0898.jpg
外も人が一杯でした。


多分午後2時頃から、再び忙しい時間が始まるのが、忙しい時の豆屋の動きなので、午後も大変だったと思いますが、閉店(午後7時)後、電話を掛けて見ました。


3回位掛けても出ないので、それどころでは無いのかと思っていたら、7時半過ぎに電話があり、漸く終わりましたという事でした。ただ、その後直ぐにお客様が来られた様で、話す時間は余りありませんでした。


来店数を聞いてみると、92人という事でした。『ゲッ。』という感じですが、昨日の混み方すると当たり前かも知れません。私も、自分の店を含め、何軒も豆屋の開店を経験して来ましたが、こんなに混んだ店の開店は初めてです。


豆も少なくなってしまい、午後、ブラジルフレンチ、マンデリンフレンチ等を焙煎した様ですが、足りない事には変わり無いでしょうから、今日も焙煎に追われるのではないかと思います。1K釜のお店なので、その辺りは大変かも知れません。


しかし、売れなくて大変なのと、忙しくて大変なのでは、大変さの意味が全く違いますのでこちらの大変さは、大変程良いという事になると思います。(笑い)


今日は幸いというか(普通と逆なので。)、天候が悪そうですので、少しは救われるかも知れません。ただ、『良かったなー。』という気はします。立地が良かったとか、店が可愛いとか、いろいろあると思っていますが、本当の理由は多分、無ければいけない所に店が無かったという事だと思います。


永福町は、昔で言えば、東京の高級住宅地です。今でも、一歩大通りから裏へ入ると、大きな素敵な家が沢山あります。そこに、美味しいコーヒー豆を売る、自家焙煎のお店が今まで無かった事の方が不思議なので、今回はそれが一番大きな理由だと思います。


しかし、探してみれば、そうした場所は沢山あるのでは無いでしょうか。これから6月に掛けて、同じ井之頭線久我山駅にも開店指導の店が誕生します。久我山も同じくかつての高級住宅地です。そして豆屋が無いというのは全く同じ条件なので、こちらも楽しみになります。こちらは4K釜のお店です。
スポンサーサイト
                                 
                                      

コメント

非公開コメント