ヘッダー画像

プロフィール

nanpou1616

Author:nanpou1616
府中市で27年間、自家焙煎珈琲豆店をやってます。

美味しいコーヒー豆は、良い生豆の選択・適切な焙煎・そしてそれを新鮮なうちに販売するという3つの事が、とても大事です。更にその3つが全て揃っていないと本当に美味しいコーヒー豆は販売出来ません。

当店では、直火5Kの焙煎器で、一釜・一釜丁寧に焙煎したものを、新鮮なうちに販売しております。

又、コーヒー教室・カフェ講座・豆屋の開店指導も随時行っております。

住所:〒183-0055
   東京都府中市府中町2-20-13 
   遠藤ビル1階
TEL&FAX:042-335-5292

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カテゴリ

    
            

カフェ講座のご感想・1 杉並区の早川様からです。

2017/03/21
category - コーヒー
コメント - 0
                         

クリックしてね。


今日は雨です。午後には本降りになりそうですが、現在の所は小雨です。花粉が飛ばないのが何よりですが、まだまだ花粉症に季節は続きます。


ここの所、冬のカフェ講座のお客様に、カフェ講座終了後初めてメールを送りました。カフェ講座終了後のメールは出すタイミングがとても難しい様に思えます。やたら急いでメールを出し、それが、開店指導のお勧めメールだったりすると、貰った方は嬉しいどころか鬱陶しくなってしまうお客様もいらっしゃるのでは無いかと思い、この辺りのメールの出し方はとても難しいものです。


何でも、やれば良いという物でも無い様な気がします。しかし、カフェ講座を受けて頂いたお礼の気持ち位はお伝えしなければならないとも思いますので、カフェ講座のオプションが終わった3週間後にお礼のメールをお出ししました。


IMG_0641.jpg
冬のカフェ講座も終了後3週間経ちました。


その中で、カフェ講座のご感想をお願いしたのですが、何名かのお客様がご返事を下さいましたので、何回かに分けてアップさせて頂きます。カフェ講座を私の説明とは、又、違う視点で見る事が出来る一番良い資料だと思っています。


頂いた順にアップさせて頂きます。第一回目は東京都杉並区の早川様から頂いたご感想です。女性のお客様です。


『先日カフェ講座に参加させて頂きました。


コーヒー好きが高じて我流で豆を焙煎するようになりましたが、美味しいコーヒーとは何か、そのためにはどのように豆を焼くのがいいのか知りたいというところが、講座参加へのきっかけになりました。


二日間に渡るカフェ講座は、私が知りたかったコーヒー豆や焙煎のことのみならず、カフェと豆屋の違いについて、豆屋の仕事について、具体的なお店の作り方など、内容は多岐に渡っており、時間の長さを全く感じない講義でした。また現存するカフェやコーヒーに関するお店がたびたび話題にのぼり、様々な角度からコーヒーに関するビジネスを分析したお話も挟みこまれていました。


参加者は、ビジネスとしてお店をやりたいという目標を持った人も見受けられ、発言もあり、場の雰囲気に活気をもたらしていました。おそらくこの類のビジネスをはじめたい人たちが本当に知りたいと思っている内容を取り上げてくれるところが魅力なのだと思います。


先ほどの実際に稼働しているお店やビジネススタイルの分析は、かすみがかったぼんやりとした思いを持つ参加者がいたならば、自分の進む方向をはっきりと見定める指針になったはずです。


かくいう私にとっても、高橋さんのお話は、もしかして私が細々とやっていることはビジネスになるのではないかとの思いを抱かせてくれるのに十分なものでした。私の現状を考えますと豆屋の開業はとてもハードルが高く、解決しなくてはいけない問題が多々あるのですが、一歩踏み出してみようかという気持ちになりました。


また機会があればお話を伺いたいと思っております。このたびはありがとうございました。』


丁寧なご感想ありがとうございました。今後とも宜しくお願い致します。
スポンサーサイト
                                 
                                      

コメント

非公開コメント