ヘッダー画像

プロフィール

nanpou1616

Author:nanpou1616
府中市で27年間、自家焙煎珈琲豆店をやってます。

美味しいコーヒー豆は、良い生豆の選択・適切な焙煎・そしてそれを新鮮なうちに販売するという3つの事が、とても大事です。更にその3つが全て揃っていないと本当に美味しいコーヒー豆は販売出来ません。

当店では、直火5Kの焙煎器で、一釜・一釜丁寧に焙煎したものを、新鮮なうちに販売しております。

又、コーヒー教室・カフェ講座・豆屋の開店指導も随時行っております。

住所:〒183-0055
   東京都府中市府中町2-20-13 
   遠藤ビル1階
TEL&FAX:042-335-5292

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カテゴリ

    
            

焙煎マニュアル作り3日目

2017/03/16
category - コーヒー
コメント - 0
                         

クリックしてね。


今日は漸く春らしさが戻ってきました。外へ出ても日差しがある所はとても暖かく快適です。今日もブログを書くのが大分遅れました。朝、支払いの振り込みが何件かあり、そのついでにプールへ行って来ました。その後、家でいろいろ仕事を始めましたので、今になってしまいました。


昨日は永福町の<青空豆店>で、焙煎マニュアル作り3日目をやりました。昨日は最終日という事で、マンデリンフレンチとマンデリンイタリアンをやったのですが、どちらも大丈夫でした。


マンデリンは焙煎が難しい豆と言えばいえるのですが、一度焙煎出来てしまえば、そんな事もありません。ただ、自分一人で最初からマニュアルを作って行く場合はそうした事を感じる事もあるかもしれません。


私はマンデリンG1の焙煎が大好きです。ダンパーをどこで開けるのかがとても問題ですが、それはやってみなければ分からないし、又、うちのマニュアルだから起こる事なのかも知れません。


更に、そこから、焙き込み、焙き込み、深いところまで行くのですが、ここまで来ると、豆が駄目になってしまいそうで、なかなか怖いところもあります。ただ、そこまで焙煎しなければ南方郵便機のフレンチの味にはならないのです。


しかし、この3日間の収穫は大きかった様な気がします。1K釜でこの深いところまで焙煎しそれが美味しいと確認出来たうえ、そのマニュアルも数字として全て残すことが出来ました。


IMG_0860.jpg
ここまで深く焙いても少しも苦くはなりません。


青空豆店の大和田さんも、この3日間は疲れたかもしれませんが、豆屋をやる上で、多分とてつもなく大事な3日間だったことは後で分かると思います。これで焙煎は殆ど心配なくなった訳ですから、後の半分、仕事として、販促をどうして行くかを考えなければなりませんが、それは、大和田さんに聞いたところ良く考えてありました。この辺りは大和田さんの得意な分野かも知れません。


仕事としてはこれから、まず、ドリップバッグ用の豆を焙煎し、それで、手詰めのドリップバッグを出来るだけ作っておき、来週になってからいよいよ開店初日・2日目の豆を焙煎して行くそうです。私は木曜日にお邪魔して、最後の味見を行います。余り心配はない様な気はしますが、最後まで手を緩めず頑張りたいものです。


開店は、3月25日(土)になります。私も見学に行きますが邪魔にならない様に気を付けたい所です。(笑い)
スポンサーサイト
                                 
                                      

コメント

非公開コメント