ヘッダー画像

プロフィール

nanpou1616

Author:nanpou1616
府中市で27年間、自家焙煎珈琲豆店をやってます。

美味しいコーヒー豆は、良い生豆の選択・適切な焙煎・そしてそれを新鮮なうちに販売するという3つの事が、とても大事です。更にその3つが全て揃っていないと本当に美味しいコーヒー豆は販売出来ません。

当店では、直火5Kの焙煎器で、一釜・一釜丁寧に焙煎したものを、新鮮なうちに販売しております。

又、コーヒー教室・カフェ講座・豆屋の開店指導も随時行っております。

住所:〒183-0055
   東京都府中市府中町2-20-13 
   遠藤ビル1階
TEL&FAX:042-335-5292

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カテゴリ

    
            

地方で豆屋をやる場合、どんな場所なら出来るのでしょう。

2017/02/17
category - コーヒー
コメント - 0
                         

クリックしてね。



今日は春一番が吹くかも知れません。気温も20度近くまで上がる予定で、朝起きてみると花粉も相当飛んでいる様子です。これからは花粉の季節になるのだと思うと、暖かいのも嬉しいだけでは済みません。


昨日、2月の初めに新宿でお会いして、開店指導の話をさせて頂いた広島のYさんからメールが入っていました。地方といってもどの位の場所なら豆屋は出来るのかというご相談でした。


今朝メールをお返ししましたが、Yさんには、申し訳ないのですがここにその返信メールの一部をそのまま掲載させて頂きます。


以下が、Yさんに宛てたメールの一部です。


<地方の可能性についてですが、豆屋の場合と、カフェの場合は大きく違います。


『近隣の居住人口は少ないけど休日にはそれなりに人通りのある観光地、公園、港、各地に
ある小京都、島などなど。』 こういう場所は豆屋には不向きです。


『人通りの多い駅前、交通量の多いロードサイド、密集した住宅地、大きめの商店街周辺
あたり』 は可能です。


ただ、ある程度の人口が無いと、後々売り上げは伸びて行かないと思います。そうした意味
では現在やっている新潟県長岡市、或いは長野県松本市位の規模が無いと、営業は難しい
のでは 無いかと思います。>


と、ご返事しました。

1473319086894.jpg
伊豆の下田。この辺りでも豆屋だけは難しいかも。


これはあくまでメールの一部ですが、地方で豆屋を開店すると言っても、勿論、ある条件があるので、何処でも、どんな場所でも出来る訳ではありません。ただ、これはあくまで豆屋の場合でカフェ、或いはカフェ付の豆屋の場合は、又、ちょっと違って来ます。
スポンサーサイト
                                 
                                      

コメント

非公開コメント