ヘッダー画像

プロフィール

nanpou1616

Author:nanpou1616
府中市で27年間、自家焙煎珈琲豆店をやってます。

美味しいコーヒー豆は、良い生豆の選択・適切な焙煎・そしてそれを新鮮なうちに販売するという3つの事が、とても大事です。更にその3つが全て揃っていないと本当に美味しいコーヒー豆は販売出来ません。

当店では、直火5Kの焙煎器で、一釜・一釜丁寧に焙煎したものを、新鮮なうちに販売しております。

又、コーヒー教室・カフェ講座・豆屋の開店指導も随時行っております。

住所:〒183-0055
   東京都府中市府中町2-20-13 
   遠藤ビル1階
TEL&FAX:042-335-5292

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カテゴリ

    
            

物件探しは、面白いですが、はなかなか大変です。

2017/01/15
category - コーヒー
コメント - 0
                         

クリックしてね。


本当に寒いです。多分、今年一番の寒さでは無いかと思います。


雪が降らないだけよいですが、逆に乾燥しているので、風邪をひきやすいのではないかと思います。


昨日は午後仙川の星乃屋で開店指導のOさんと会いました。店の開店に関わる一覧表も出来ていて、準備は順調に進んでいるようです。物件と資金の問題が解決したわけですから、基本的には大きな問題はありません。


Oさんもとても元気で、長い事お話しましたが、後は、生豆の問題になりそうです。この辺りは、今年は、うちも見直しが必要で、それをしながら、良いアドバイスが出来ればよいと思っています。


後は、開店指導のMさん、Tさん、Yさん、そして、松本のYさんが、物件を見つける段階で、物件そのものもこれから沢山出て来る時期だというのは、皆さんにお話ししてありますので、これから、2か月位のうちに物件が見つけられるかが、早期の開店の分かれ道になると思います。



そこを過ぎてしまうと、なかなか新しい店舗は出て来ないので、残った物件の中から物件を探して行くしかなくなります。ただ、そこで見つからなくても、又、夏の終わりにはチャンスがあると思いますが、ちょっと時間が空いてしまいます。


勿論、新しい物件は一年中出るのですが、この時期と、夏休みが終わった後の9月は、出る物件の数が違う様な気がします。皆、店を止める時期というのはあるのです。


1468301082870 (2)
長岡のリブロ珈琲も昨日・今日は大雪で大変かも。


構造的な不況が叫ばれていても、小さな会社や店を始める人は後を絶ちません。皆、自分の人生に疑問や不満を感じており、そこから、幾人かの人は必ず起業してくるからです。


ネットビジネス以外は、何らかの形で、物件が必要になるわけですから、当然良い物件はいつでも不足しているというのが、物件に対する、私の認識です。


ただ良い物件さえ見つかれば、仕事が上手く行く訳ではありません。それなら、山手線の駅前の店が潰れる訳は無いからです。うちの関係の店は潰れないので、有名ですが、それは、一人ですべての仕事をやるという仕事の形から来ているのだと思っています。


ただ、それは豆屋が潰れないという意味ではありません。そこには味から、店の営業の仕方まで、変わらない一つの方法があり、それが一番大事だと思っています。だから開店指導を受けても、それが、守れなければ、単なるコーヒー好きの趣味の店になってしまいます。
スポンサーサイト
                                 
                                      

コメント

非公開コメント