ヘッダー画像

プロフィール

nanpou1616

Author:nanpou1616
府中市で27年間、自家焙煎珈琲豆店をやってます。

美味しいコーヒー豆は、良い生豆の選択・適切な焙煎・そしてそれを新鮮なうちに販売するという3つの事が、とても大事です。更にその3つが全て揃っていないと本当に美味しいコーヒー豆は販売出来ません。

当店では、直火5Kの焙煎器で、一釜・一釜丁寧に焙煎したものを、新鮮なうちに販売しております。

又、コーヒー教室・カフェ講座・豆屋の開店指導も随時行っております。

住所:〒183-0055
   東京都府中市府中町2-20-13 
   遠藤ビル1階
TEL&FAX:042-335-5292

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カテゴリ

    
            

映画 アズミ ハルコは行方不明 を観ました。

2017/01/06
category - コーヒー
コメント - 0
                         

にほんブログ村
クリックしてね。


今日も好天です。空気はもう随分乾いているのではないかと思います。風邪も、火事も心配と思っていたら、日曜日は雨の予報です。


気温も、お正月の3日間の様にポカポカ暖かな日が続く訳では無さそうで、いよいよ東京も一番寒さの厳しい時期に入って来そうです。


一昨日は映画を観ました。<アズミ ハルコは行方不明>という映画です。ととねーちゃんがキャパクラ譲をやるので、面白そうだと思って観にいったのですが、これは結構厳しい映画でした。


320.jpg
結構厳しい映画です。


観たのは、新装なった<新宿武蔵野館>ですが、映画の内容と関係なく言っておけば、音が大きすぎます。何故、あんな大音量で映写しないと気が済まないのか分かりませんが、映写している人の考え方に何か欠陥があるとしか思えません。お客様が、気分が悪くなってしまう様な音量で映写して、それが迫力と思っているのなら、どこか考え方そのものが間違っているのです。


映画は結構厳しい内容でした。面白いどころか、お正月から、気分が重くなってしまう様な映画です。ただ、内容が無い訳ではありません。日本の若い人たちの現実が、これでもか、これでもかという風に映し出され、安部首相のいう日本の現実とは縁の無い世界です。


多分こちらの方が本当なので、誰も何も言え無いと思うのですが、日本の現実は厳しいなあと何度も思いました。若い人たちが希望を持てなくなっている現実については、この間出版された村上 龍さんの<星に願いを、いつでも夢を>というエッセイ集にも真摯に書かれていて、こちらも凄いと思った矢先でした。内容を一部だけ引用させて貰えば、


IMG_0520.jpg
村上 龍さんの<星に願いを、いつでも夢を>の装丁です。


『月収12万円で、六畳一間のアパートに住み、アルバイトを繰り返して生きる20代に、どういう太志と野心が可能だと言うのか。・・・・・・・』


という内容ですが、<アズミ ハルコは行方不明>はそれをスクリーンに見事に定着出来ていました。見たくは無いけど、知らなければいけない現実なのだと思います。


ただ、ととねーちゃん高畑充希について言えば、映画に出たこと自体が凄い失敗で、もっと違う選択が幾らでもあったように思えます。高畑充希の良さは一つも出ていなかった様に思えます。
スポンサーサイト
                                 
                                      

コメント

非公開コメント