ヘッダー画像

プロフィール

nanpou1616

Author:nanpou1616
府中市で27年間、自家焙煎珈琲豆店をやってます。

美味しいコーヒー豆は、良い生豆の選択・適切な焙煎・そしてそれを新鮮なうちに販売するという3つの事が、とても大事です。更にその3つが全て揃っていないと本当に美味しいコーヒー豆は販売出来ません。

当店では、直火5Kの焙煎器で、一釜・一釜丁寧に焙煎したものを、新鮮なうちに販売しております。

又、コーヒー教室・カフェ講座・豆屋の開店指導も随時行っております。

住所:〒183-0055
   東京都府中市府中町2-20-13 
   遠藤ビル1階
TEL&FAX:042-335-5292

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カテゴリ

    
            

開店指導の現在 1

2016/12/24
category - コーヒー
コメント - 0
                         

クリックしてね。



昨日も良い天気でした。今日も良い天気になりそうです。余り毎日良い天気だと、家に籠って仕事が出来ず、仕事はなかなか進みません。


店は昨日も忙しくなりましたが、年末の最後の豆の販売に入った様な気がします。これから1週間は毎日忙しい日になりますし、又、そうでないと困ります。店は31日迄営業し、(発送は30日迄)1月4日から営業を始めます。


昨日の午後、開店指導のOさんから電話がありました。融資の問題について返事があり、全額借入出来るというご返事でした。これでOさんの開店については、問題は無くなりました。後、細かい問題はあるのが当たり前ですが、それは開店に直接響く訳では無く、一応これで、目途がたちました。


開店に必要なのは、やはり、その業種における知識と技術です。そしてそれをどうやって具体的な店にするのかを考えるのがコンセプトなのだと思います。ただ、それは自分自身の内部の問題で、現実的に店を作る時は、2つの重要な事があります。


一つは物件です。もう一つは資金です。この2つが解決出来なければ、どんな優れたコンセプトでも現実化出来ません。


Oさんは漸く、この2つ解決出来た訳ですから、これからが一番楽しい時期に入って行くのだと思います。場所は京王井之頭線永福町駅から歩いて5分も掛からないと思います。永福町には豆屋が余り無いような気もしますので、其のあたりも有利な様な気がします。


DSC01820.jpg
南方郵便機の店内。豆屋は狭いので綺麗にしておくのは大変です。


永福町は昔で言えば高級住宅地です。現在も大通りから道を一本住宅地に入ると素敵な一戸建てが並んでいます。どうして今まで自家焙煎の豆屋が無かったのか不思議な気がします。不動産屋さんも、お茶屋さんと、コーヒーのお店が無いと言っていました。


そういう意味で言えば、少し遅れての開店になりますが、同じ井之頭線の高級住宅地の久我山にも春に豆屋が開店します。こちらも久我山駅から徒歩4分の所ですので、大変良い立地です。久我山にも自家焙煎の豆屋は無いような気がします。これも、私が考えると結構不思議な話です。


Oさんの店は、不動産の関係で、5月から6月頃の開店になる予定です。遅れ気味だった当店の開店指導も漸く動きが本格化してきました。次回は、新しく開店指導を受け始めた方のお話です。
スポンサーサイト
                                 
                                      

コメント

非公開コメント