ヘッダー画像

プロフィール

nanpou1616

Author:nanpou1616
府中市で27年間、自家焙煎珈琲豆店をやってます。

美味しいコーヒー豆は、良い生豆の選択・適切な焙煎・そしてそれを新鮮なうちに販売するという3つの事が、とても大事です。更にその3つが全て揃っていないと本当に美味しいコーヒー豆は販売出来ません。

当店では、直火5Kの焙煎器で、一釜・一釜丁寧に焙煎したものを、新鮮なうちに販売しております。

又、コーヒー教室・カフェ講座・豆屋の開店指導も随時行っております。

住所:〒183-0055
   東京都府中市府中町2-20-13 
   遠藤ビル1階
TEL&FAX:042-335-5292

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カテゴリ

    
            

抽出って何。 10回目 ネルドリッパーを使った抽出。(ネルドリップ)

2016/12/20
category - コーヒー
コメント - 0
                         

クリックしてね。


昨日はブログをお休みしました。今は開店指導を受けている方と一人一人お会いして、現状をお聞きしたり、来年の予定についてお聞きしたり、又、アドバイスをしたりしていますので、ここのところ毎日人と会って話す日が続いています。


一応会わなければならない方とは会いましたので、これから少し時間が取れるのでは無いかと思っています。ステップメールも時間不足でなかなか進まず、年内に何とかという感じです。


今日は、抽出って何。 10回目 ネルドリッパーを使った抽出。(ネルドリップ)になります。


ネルドリップは難しい、手が掛かると考えている方が多いと思いますが、実はそれほど難しくも無ければ、大変でもありません。ただ、ネルドリッパーの管理が上手く出来ないと、味の悪い物を飲んだり、又、お腹をこわしたりしますので、注意が必要です。


抽出については、私のやり方では、この間お話しした大きな一つ穴のペーパードリップの抽出と全く同じです。逆に言えば、大きな一つ穴のペーパードリップの抽出は、基本的にネルドリップの抽出をそのまま行っている訳ですから、淹れ方に関してはどちらも同じです。


コーノさん、ハリオさんがどんな淹れ方を勧めているかは分かりませんので、ここでは触れません。ただ、ドリップの抽出の基本という事で言えば、お湯の温度や、淹れる時の時間については諸説あると思いますが、細かい事を抜きにすれば、大筋では正しいと思っています。


ネルドリップの味の特徴は、口当たりが何とも柔らかいという事だと思います。だからきちんと淹れたものについては、どんなに濃いものでも美味しく飲めます。ペーパーの場合、ある程度以上濃い物は、例え大きな一つ穴のペーパードリッパーで淹れた物でも、多少飲みづらくなってきます。


そうした意味では、日本の自家焙煎珈琲店が何故ネルでコーヒーを淹れて来たかが分かります。濃く、深く、柔らかくこれがネルドリップコーヒーの基本であり、又、ペーパーでフレンチコーヒーを淹れる時の基本でもあります。


coffee_class_003.jpg
これも昨日と同じ日に撮った写真です。


それでは、大事なネルドリッパーの保持、保存という事についてお話していきます。まず、最初に買ってきた新品のネルドリッパーを初めて使う時の方法です。


ネルドリッパーは結構厚いネルという布地で出来ていますので、糸くずや、細かいゴミ状の物が付いていると考えなければなりません。又、最初はそのままですと、布が固くとても使いづらい物です。そこで、大き目のお鍋にお湯を沸かし、淹れ終わった後のコーヒーの粉(ペーパーで淹れた物でも、何で淹れた物でもよいのです。)を適量お鍋に入れます。


次に買ってきたネルドリッパーをそこに入れます。この時、ネルドリッパーの柄が金属なら良いのですが、木だったり、プラスチックだったりする場合は、柄から外して、お鍋に入れないと柄が駄目になってしまいます。


15分から20分そのまま煮立てたら、火を止め、ドリッパーを火傷しない様に取り出し、水、或いはお湯で良く洗います。そうしたら、布の部分の先端を摘まむ様に持ち、回す様にしてゆっくり絞ります。


その後、良く乾いた清潔な布巾でドリッパーを両側から包み込む様にして、両手でパンパン音がする位叩きます。ドリッパーの水分が大分取れたところで、今度はドリッパーの形を手で丁寧に整えます。そこに挽いておいた粉を入れ抽出を始めます。


使い終わったドリッパーは、良く水かお湯で洗い、先ほどの様に絞ったら、冷凍用のビニール袋に入れて冷凍庫へしまいます。そして次使う時には、水かお湯でそれを戻し、先ほど書いた、最初の時のやり方を繰り返せば良いのです。


ここまで書いて来ましたが、今日も又、長くなりすぎました。次回に続くと致します。
スポンサーサイト
                                 
                                      

コメント

非公開コメント