ヘッダー画像

プロフィール

nanpou1616

Author:nanpou1616
府中市で27年間、自家焙煎珈琲豆店をやってます。

美味しいコーヒー豆は、良い生豆の選択・適切な焙煎・そしてそれを新鮮なうちに販売するという3つの事が、とても大事です。更にその3つが全て揃っていないと本当に美味しいコーヒー豆は販売出来ません。

当店では、直火5Kの焙煎器で、一釜・一釜丁寧に焙煎したものを、新鮮なうちに販売しております。

又、コーヒー教室・カフェ講座・豆屋の開店指導も随時行っております。

住所:〒183-0055
   東京都府中市府中町2-20-13 
   遠藤ビル1階
TEL&FAX:042-335-5292

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カテゴリ

    
            

抽出って何。 7回目 ペーパードリップについて 前編

2016/12/16
category - コーヒー
コメント - 0
                         

クリックしてね。


昨日は店のポイント3倍デーで、お歳暮の時期と重なり期待していたのですが、それほどでもありませんでした。仕事はなかなか読めないのですが、まあ昨日は、ちょっとがっかりでした。


明日は、秋にコーヒー教室をやらして頂いた、稲毛の大規模マンションのクリスマスイベントで、久方振りにカフェをやります。前回の会場だった、マンションのパーティールームをカフェに見立てて、一日だけの営業ですが、蜃気楼の様に一日だけのお店というのも面白いかも知れません。


IMG_0188.jpg
明日のカフェの会場です。前回のコーヒー教室の時の写真です。


うちは飲み物だけの提供ですが、豆やギフトや器具もすべて20%OFFで販売させて頂きます。そういうイベントに参加した事がないので、興味、深々です。前回コーヒー教室を受けて頂いた方にお会い出来るのも楽しみです。


今日は、抽出って何。 7回目 ペーパードリップについて 前編 です。


昨日、器具の最後にコーヒーメーカーについて書くのを忘れました。多分、ヨーロッパでは、家でコーヒーメーカーを使い、外ではエスプレッソを飲むというのが、都会で暮らしている人の普通のコーヒーの飲み方の様な気がします。


家で、手でドリップするなどというのは殆ど無いのだと思います。手挽きのミル等、日本でしか売れないというのも良く分かります。ザッセンハウス(ドイツのミルの会社)が、あれだけ良いミルを作りながら、何度も倒産し、経営者が変わるのも仕方の無い話です。


ただ、そう考えてみると、家庭で一番美味しいコーヒーを飲んでいるのは日本人だという気もします。本当は外でもそうで、日本の自家焙煎コーヒー店(豆屋ではありません。)の素晴らしさは、ブルーボトルの経営者、ジェームス・フリーマン氏の、発想の元になっている位ですから、そうした物に目を向けられず、ただただ、明治時代の日本人の様に、外国から来た物だけが珍しいという風潮は終わりにしたいものです。


話がそれてしまいましたが、コーヒーメーカーについて言えば、皆さんご存知だとは思いますが、そんなに美味しい物が取れる道具ではありません。コーヒー教室の時のコーヒーメーカーの説明をすれば、日本茶で言えば、お寿司屋さんで出る、番茶のようなコーヒーしか取れませんとお話しています。


本当に美味しい日本茶を淹れるのと同じで、やはり手で淹れない限り、本当に美味しい物は取れないのです。


スタバですら、今度新しく作るお店ではペーパードリップをやるようですので、手で淹れる事が、如何に美味しいコーヒーを淹れるのに大事な事かが分かるのではないかと思います。


それでは本題のペーパードリップの淹れ方に移ります。またまた同じ様な説明の仕方になってしまいそうですが、ペーパードリッパーにもいろいろあり、実はマニュアルの道具です。メリタ、カリタ、コーノ、ハリオ、ボンマックといろいろあります。


そして、基本的には、ペーパードリップに使うペーパードリッパーによって、粉の量、粉の挽き方、お湯の落とし方が全て違ってくると考えなければ上手く抽出出来ません。コーヒー教室では、一番良く使われている、カリタ、メリタについては簡単に説明していますが、ここでは長くなりすぎますので、省きます。


うちでお勧めしているのは、大きな一つ穴のペーパードリッパーを使ったペーパードリップの淹れ方です。コーノ、ハリオがこれにあたります。


ここまで書いて来ましたが、もう大分長くなってしまいました。(笑い)実際の淹れ方については次回にさせて頂きます。
スポンサーサイト
                                 
                                      

コメント

非公開コメント